2013年11月11日(月)

1
nextpage

カルビーでは以前、社内に数多くの指標を設け、その数値データから経営状況を判断する「コックピット経営」を進めていた。各データはコンピュータ・システムで事業ユニットごとに週次で集計されていたが、「すべてのグラフに目を通すには不眠不休で4日はかかる」という“社内伝説”が生まれたほどデータ量は肥大化した。

図表を拡大
9面グラフ

エクセルで作成されたこの数値データは全社で共有され、会議でも通称「9面グラフ」(図表)を用いるのが基本とされていた。

「9面グラフを広げて会議しても、参照データが多すぎてポイントが見えにくくなることもありました」(財務経理本部財務企画部企画課・高裕一さん)

見直しが入ったのは、2009年に松本晃会長兼CEOが就任してから。「ノーミーティング、ノーメモ」を合言葉に、ムダな会議を減らし、資料づくりの省力化を進めた。松本会長の「書類は1円も生まない」という発想は、データ資料に取り囲まれていた社員に衝撃を与えたという。

11年秋には、経営指標の健全化を目指すプロジェクトがスタート。

「それまで万単位のデータがあって、本当に役立つ経営のキーインデックス(重要指標)が何か見えない状況でした。まず一般的に考えられる指標を50ほど選び、そこから20に絞り込んでいきました」(高さん)

このとき重視したのは、誰もが一目でわかるシンプルな指標だった。そして、更新のタイミングもそれまでの週次から月次に改めた。

画期的だったのは、指標の数を最大20と定めたこと。新たな指標を追加する場合は、既存の指標を棚卸しするルールにした。現在、資料に表示される重要指標の数は18である。

「最終的にA4、1枚の表裏に収めることが目標でした。そのためグラフはやめ、表形式で数字を色分けするスタイルにしました」(高さん)

各項目の数字は、ターゲット(目標値)との比較で赤、黄、緑、青色と色分けし、直感的に達成度や危険度がわかるようにした。

このように限られた数の経営指標の資料を社内では「ダッシュボード」と呼ぶ。飛行機のコックピットから車のダッシュボードまでスリム化されたわけだ。

このデータは現在、全社共有ではなく、執行役員クラス以上に毎月配信されている。現場の会議資料も簡素化が進み、「ノーミーティング、ノーメモ」で資料づくりにかける時間と労力は大きく軽減され、経営の効率化に大きく貢献している。

PickUp