2013年8月17日(土)

腹筋が割れ、勉強も絶好調! 頭がよくなるロングブレス

プレジデントFamily 2013年10月号

鵜飼香子=文 岡村智明=撮影 ロングブレススタジオ=撮影場所 アシックス=衣装協力(美木さん、スタッフ)
1
nextpage

成績も向上! ロングブレスを子供に!

「吸って~、1、2、3」

東京・赤坂にある「ロングブレススタジオ」。7月某日、母8人、小3~小6の子供9人が、美木良介さんの声に合わせて一斉に頬を膨らませ、「吐く~」の声に合わせ、「ブーッ」と音を出しながら思い切り息を吐きだした。

「1、2、3」、おなかはもちろん、お尻の穴、指先まで全身に力を入れる。「4、5」、体がプルプルと震えてくる。「6、7!!」もう限界! 7秒吐ききった後、全身が熱くなり、ブワッと汗が噴き出す。

美木さんが独自に考案した呼吸法「ロングブレス」。これは、鼻から吸う(3秒)+口で吐く(7秒)を、強く長く繰り返すことで、内臓を包むインナーマッスルの腹横筋や、腰痛予防にもなる脊柱起立筋を鍛えて、効率的に筋肉を増やし、脂肪を減らすトレーニング。健康的な体になると大人に大人気のロングブレスだが、小学生にも大変効果的なのだとか。

「最近、口呼吸で姿勢の悪い子が目立ちませんか? それは、軟らかい食べ物ばかりでよくかまないので表情筋が弱いことや、ゲームや携帯メールなどのしすぎで猫背になることが原因です。口呼吸も猫背も、呼吸が浅くなるため、頭がボーッとしてきます。集中力が低下することで学力も低下しますし、免疫力まで下がってしまうのです」と美木さん。実は、今年5年生になった美木さんのお嬢さんも、3年前までは、こんな状態だった。

「食事中、テーブルにひじをついていることに気が付きました。聞くと、体を支えられない。勉強するために机に向かっていても疲れてしまい、30分と集中力が持たない。これは体幹が衰えているのだと思い、娘と毎朝食前にロングブレスの呼吸法を使ったトレーニングを始めました。続けたところ、1カ月後には腹筋が6つに割れて、成績が伸び、運動会でも1番が取れるようになりました」

こうしてメキメキと体力をつけていったお嬢さんは、今では腹筋が8つに割れ、二重跳びの縄跳びを連続120回できるほどに。そして、性格面でも驚くべき変化があったという。

PickUp