TOP 七緒紹介 七緒メディア情報
七緒

雑誌メディア情報

媒体スペック
月間発行部数21,000部
2022年1月~3月期 日本雑誌協会 印刷証明付き部数より
読者情報

将来の着物文化の担い手となる【30~40歳代】が、全体の約半数。さらに、消費力の強さが注目される【50歳代】は33%と、幅広い年代の着物好きに愛読されています。

編集長メッセージ
七緒編集長
鈴木康子

着物を楽しむ。日本を遊ぶ。

初心者も、上級者も。
『七緒』 は着物好きのみなさんを応援します!

『七緒』は、2004年「着物からはじまる暮らし」をテーマに創刊しました。 肩肘張らず、軽やかに楽しむ「ふだん着」の着物は、日々の暮らしの中にある等身大のおしゃれとして、 多くの着物ファンを生みました。

和文化や着物は海外でも人気を集め、存在感を高めていますが、 近年では日本人自身も、「ニッポン」への関心を高めつつあります。

『七緒』は、「着物が好き」「日本の文化を楽しみたい」と思う人にとって 身近な第一歩であり、よき仲間。
着物の魅力、その楽しさと、ますます注目されるニッポンのおもしろさを、 読者等身大の目線で親しみやすく伝えていきます!

『七緒』は “等身大” の目線です。 着物も着る、洋服も着る現代。お金も時間も、かける量には限りがあります。
また、着ていく場所がない、というのも着物好きの大きな悩み。
それなら、紬でギャラリーに出かけたり、木綿やウールで蕎麦屋で一杯も。
価格やコーディネートはもちろん、TPOも現実的に。
読み手の暮らしに溶け込むような、リアルで、等身大な着物の魅力を伝えます。

『七緒』は “着物の悩み” を解決します。
お手入れ、お直し、収納、着つけ……。
着物を着るとなると、さまざまな悩みや疑問が次々と生まれてきます。
かつては、親から子へと受け継がれた着るためのヒントや知恵を、 着物のプロや達人たちに丁寧に取材。
着る人の悩みを解決することで、着物を着ることがもっと身近になります。

『七緒』は “読者の「知りたい」こと” に応えます。
七緒の読者は、着物を通じて、特に「和」「文化」をとりまくことに関心がある、美しいもの、知的なことへのニーズも高い人。 着物のみならず、暮らし、伝統工芸の新しいカタチ、旅と文化、日本の美術、映画、 文学、食……さまざまな視点から、“ニッポンのおもしろさ”を伝えます。