なぜキャリア女性の恋愛はうまくいかないのか、目に付く男性は頼りない人ばかりなのか、カップルになっても長続きしないのか……全世界で5000万部を超えるパートナーシップ本の名著、『ベスト・パートナーになるために』を記したジョン・グレイ博士が、そんな疑問に答えます。(聞き手:ファミリー・リレーションシップ専門コーチ 塚越悦子さん)

なぜキャリア女性は理想のパートナーに出会えないのか

【塚越悦子さん(以下、塚越)】キャリア志向で仕事もできる30代・40代の女性が、恋愛となるとうまくパートナーを見つけられないのはどうしてなのでしょうか。

【ジョン・グレイ博士(以下、グレイ)】まず、彼女たちはキャリアのために長時間働いていますよね。そのため男性が入り込む余地がない生活を送っている、というのが一つの理由です。それから、男性に対する理想ですが、必ずしも“高すぎる”ということではないにしても、現実的でなかったり、ロマンチックな幻想を抱きすぎたり、的外れな期待をしているということがあります。

ジョン・グレイ博士。世界的な心理学者で、全世界で発行部数5000万部を超える『ベスト・パートナーになるために』の著者であり、コミュニケーション心理学の第一人者。人間の心理の本質に、最も精通した人物として知られる。表面的な感謝ではなく、人間の本質そのものに感謝できるようになる“究極の感謝”の体現者として、パートナーシップにおける最高のコミュニケーションを、世界中に伝え続けている。

【塚越】その2つだけで、もう十分に難しそうですね。

【グレイ】パートナーに求める理想という話で言うと、何らかの理由で「日本人の男性は自分には向いていない」という結論に達した女性が、国際結婚をすべく日本人以外のパートナーを探すケースが増えているというのも納得がいきます。もちろん個人差があるのは言うまでもありませんが、例えば典型的なアメリカ人は、日本人の男性ほど女性化していないということは言えるでしょう。日本人の男性は“草食化”している傾向にあります。その理由の一つとして、日本が第2次世界大戦に負けたからという考え方があります。

【塚越】そうなんですか。

【グレイ】そんなことが個人に影響するはずがないと思うかもしれませんが、敗戦には男性性を失わせる効果があります。それによって感じる“恥”が原因とも言えるでしょう。日本だけではなく、ドイツも敗戦国ですし、たとえばノルウェーもバイキングの歴史があり、それぞれの国で、男性性を失わせるような“恥”の歴史があります。

【塚越】なるほど。

【グレイ】いつの時代も、男の子は勝利するヒーロー像というものをもちながら育つものです。でも、父親が自分自身の男性性に自信を持てない場合、妻に対して要求が高くなったり、自分をより大きく見せるためにいらいらしたり怒ったり、また支配的になったりするようになります。父親のそのような態度が母親にとってどんなに害のあるものかを見て育つ男の子には、「仕事もできて、パートナーにも優しくできる男性のロールモデル」がいません。

【塚越】確かにそうかもしれません。