パートナーへの“ダメ出し”の前にすべきこと

【塚越】では、うまくいくカップルとそうでないカップルの最大の違いはなんでしょうか。

【グレイ】うまくいっているカップルに見られるもっとも顕著な点は、男女がどのように違っているかを理解していて、それに対して、お互いの最もいいところを引き出せるようなコミュニケーションをしている、ということではないでしょうか。うまくいかないカップルは、お互いの最悪なところを引き出してしまっています。

【画像左】塚越悦子さんが翻訳を行った全米ベストセラー、『異性の心を上手に透視する方法』(アミール・レバイン レイチェル・ヘラー著、プレジデント社、2016年6月13日発売)。【画像右】『異性の心を上手に透視する方法』の原書『Attached』。表紙には、グレイ博士による推薦文が踊る。

【塚越】お互いのいいところを引き出すコミュニケーションは、確かに学ぶべきスキルですね。

【グレイ】そうです。誰でも最初からうまくできるわけではありませんが、練習することでそのスキルは磨けます。私はこの仕事を40年もやっていますが、カップルがうまくいっていない場合には、その理由は例外なく、どちらか一方ではなく二人ともにあるのです。私のところに相談に来る人はよく「パートナーを愛しているが、こことここがダメだ」というリストを持ってくるのですが、それに対して私はこう言います。「あなたは本当に愛情深いですね。相手に対してこんなに多くのネガティブな価値判断をしているのですから」本当の意味で相手を愛するとは、相手を理解することです。そして、相手が間違いを犯したとしても、自分も完璧な人間ではないのだから、相手が完璧ではないことも含めて愛せるはずです。自分自身の不完全さを許せていないと、相手の不完全さも許せないですからね。男女の違いを理解することに加えて、自分自身を愛すること。二人ともこれができているカップルはうまくいく可能性が高いです。

【PRESIDENT ONLINE・関連記事】男が浮気をしてしまう本当の理由――世界5000万部突破の恋愛心理学の権威の答えは?

塚越悦子(つかごし・えつこ)
ファミリー・リレーションシップ専門コーチ。My Peaceful Family代表。
東京大学文学部卒業。モントレー国際大学院で行政学修士を取得後、国連に就職。2002年にアメリカ人の夫と結婚し渡米。アメリカでライフコーチの資格を取得し、国際結婚カップルの相談を受けてきた。現在は一家で日本に住み、最高のファミリーを作るための婚活サポートやリレーションシップ・コーチングなどを行っている。著書に『国際結婚一年生』(主婦の友社)、訳書に『異性の心を上手に透視する方法』(プレジデント社)がある。ウェブサイト(http://www.mypeacefulfamily.com)で恋愛・結婚・家族をテーマに情報発信をしている。『異性の心を上手に透視する方法』Facebookページ (https://www.facebook.com/iseinokokoro)。