業績を挙げている経営者たちは、どんなメールを書いているのだろうか。超効率重視のメールから情熱的なものまで、様々に集まったメールを言葉のプロが徹底分析する。

「伝え方が変われば日本は変わる」。そう言い切るのは、50万部のベストセラーになった『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)の著者でコピーライターとして数々の賞を受賞してきた佐々木圭一氏だ。

佐々木圭一氏●上智大学大学院を修了後、1997年博報堂に入社。伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され、苦しむ。著書『伝え方が9割』では、もがくなかで見つけた伝え方の技術を惜しみなく紹介。

日本は世界最高レベルの商品をつくっているのに、「伝え方」がイマイチなために中国や韓国にビジネスで負けるようになっている。そんな現状が佐々木氏にとってははがゆくてならないのだ。トップだけではなく、役員、管理職、各職場のリーダーの発信力を上げることさえできれば――。

「発信力」と聞くと難しく聞こえるかもしれない。「オレにはそんな才能ないし」と最初からあきらめている人もいるだろう。しかし、あきらめる必要はまったくない。

「伝え方は才能やセンスの問題だと思われがちですが、そうではありません。とてもシンプルな技術があって、トレーニングをすれば、誰でもプロのような感動的なコトバをつくることができるのです」(佐々木氏)

名経営者たちが書いたメールを拝見すると、発信力に優れた彼らは、自然とその「シンプルな技術」を使っていると佐々木氏は指摘する。ビジネスマンがそのワザをすぐにでも実践できるように、ポイントを解説してもらった。