2016年3月23日(水)

1
nextpage

株で年2億円稼ぐ異色の投資家!

東大を首席で卒業し、日本長期信用銀行に入行。エリートコースを歩んだかと思いきや、突然キャバ嬢に転身して指名No.1に上り詰めたこともあるという経歴の持ち主。テレビのバラエティ番組では「株で2億円を稼ぐ女」として人気だ。

「“株で2億円”っていうのは、もちろん毎年2億円ずつキッチリ稼ぐわけじゃないですよ。1日100万円が目安で、20営業日で年間2億円以上にはなるってことで。ほかに商品先物もやってるけど、こっちは種1億円でレバかけて30億円くらい動かせちゃうから、実際いくら持ってるかっていうのはあんまり意味がないよね~」

村田美夏●名古屋生まれ、東京育ち。東京大学経済学部卒。銀行員を経て金融トレーダー、エンジェル投資家、サクセスワイズ代表取締役社長、国連の諮問機関であるBPWインターナショナル東京クラブ会長。

個人としてはかなりの高額でトレードをしているのだが、ピリピリしたところはまるでない。利益や残高は大ざっぱにしか把握していないようだ。

「投資は大学時代からやってまして、親類に投資家や事業家が多く、いろいろ教えてもらってたんです。例えば伯父は『冷蔵庫が欲しい』と伯母に頼まれたとき、銀行預金を下ろして証券会社で株を買い、儲けた利益で冷蔵庫を買ったという人で。『こうすれば元手を減らさずにモノが買えるだろ』って言うんです。あー、なるほどそういう手があるのか、と……」

超高級住宅街でベビーシッターのアルバイトなどをやり、1000万円の資金をつくって投資家デビュー。証券会社に乗り込んで「私はうるさいことは言いません。減らさないように気を付けてくれたら、何をどれだけ売買しても構いません」と“注文”した。担当者は思わぬ上客の登場に、跳び上がって喜んだという。

「それで担当になった人は、私の資金を回転させまくって手数料を稼ぎ、営業成績を上げました。その代わり、裁量配分の新規公開株をじゃんじゃん割り当てて、残高を増やしてくれました。まさにWin-Win♪」

銀行に就職してしばらく経つ頃には、億万長者になっていた。新入社員でありながら高級レストランで同僚にご馳走して、苦手な事務仕事を代行してもらっていたというからブッ飛んでいる。国際部門→営業部門→為替部門と渡り歩いたが、銀行が経営破綻して数年後に退職。そうして昼はトレード、夜はキャバ嬢の兼業投資家になった。

「キャバ嬢をやったのは、水商売をやってみたかったから。酒とおしゃべりが好きならこれしかねー! って。ほかにも東北新幹線の車内販売、マクドナルドのお姉さん、スーパーのキャンペーンガールなど、子どもの頃から憧れていた職業は全部やりました。キッザニアかっ!」

PickUp