2015年11月6日(金)

“秘密兵器”始動! Pepperで日産の国内販売は復活するのか

PRESIDENT Online スペシャル

1
nextpage

4位に低迷する日産の国内販売

「技術の日産が、人生を面白くする」

日産自動車は10月20日、横浜市の本社で国内事業についての記者会見を開き、担当の星野朝子専務執行役員はこのキャッチフレーズを掲げ、「2位を目標にすると面白くない。絞ったセグメントで1位になる」と強調した。

西川廣人CCO(左)、Pepper、星野朝子専務執行役員(右)

日産の国内販売は現在、新型モデルの投入が乏しいため、低迷していると言っていい。1~9月の販売台数を見ても、前年同期比13.4%減の47万台で、シェアも12%とトヨタ、スズキ、ホンダに次ぐ4位となっている。昔を知る人間にとっては、寂しい状況だ。

同社が進めているゼロエミッション政策についても、柱の電気自動車(EV)「リーフ」がEVでナンバーワンであるものの、思うように販売を伸ばせていない。2011年6月に中期経営計画「日産パワー88」を発表した時、17年3月期までに世界市場で累計150万台を販売する計画を立てていた。しかし、現在は25万台で、目標の150万台は遙か彼方だ。

こうした日産の状況について、西川廣人CCOは次のように弁解する。

「われわれは明確な2番手になると申し上げておきながら、現在4番手、5番手をウロウロしている。2番手から5番手までは団子状態で、その中からなかなか抜け出せない。マーケティングの努力の積み重ねが不足していた。軽自動車は戦略的に入っていったので、マーケットを獲っているが、その他については、守りは強いが攻めが弱いということがポイントだったと認識している。もう少し攻めの姿勢が必要だ」

PickUp