2015年8月12日(水)

子どもを「食えない大人・食える大人」にする親の共通点

親技のカガク【8】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
鳥居 りんこ 

エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー。執筆、講演活動を軸に悩める母たちを応援している。著作としては「偏差値30からの中学受験シリーズ」(学研)、「ノープロブレム 答えのない子育て」(学研)、「主婦が仕事を探すということ」(東洋経済新報社 共著)などがある。最新刊は「鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ」(ダイヤモンド社)。ブログは「湘南オバちゃんクラブ」「Facebook 鳥居りんこ」。

執筆記事一覧

鳥居りんこ=文
1
nextpage

食っていけない子どもが育つ「家の環境」

多くの子育ての悩みに接していると、ある共通点のようなものが見えてくることがある。

「このご家庭とこのご家庭は雰囲気がなんとなく似ているけれども、お悩みのポイントも似ているなぁ」という事例が交錯することがあるのだ。

例えば、子どもが引きこもりになったり、登校拒否になったりしたために、相談を受けることも多いが、その過程で独特な「ご家庭のにおい」を感じることも、また多い。ケースによっては、思春期はなんとかクリアしても、大学生・社会人となって突如、無気力になったり、ニートになったりするケースも少なくない。

もちろん、その「芳香」を発していたから、すべてがそうなるとは言えず、引きこもりも登校拒否もニートも「当人の事情」ということも十分有り得るし、徐々に回復することも多い。

ただ、「ハザード」という潜在的に危険因子となり得るものを知り、「リスク」という現実に危険になるものを回避することは子育てにとっても、重要な意味があると思う。

今日は私が感じる引きこもり・ニートの子ども、すなわち自立し自分で食っていきにくい子どもを生みやすい「独特なにおい」を持っておられるご家庭の共通点を挙げてみたい。

正反対に、子どもを健全に育て、食っていける大人に育てる家庭とは、さしづめ、そうしたリスクを未然に回避し、後述するような一見どうってことないけれど、シンプルかつ強いポリシーを持つ親だということになるのだろう。

(1)好きなメニューを選ばせない親

ある時、私はあるご家庭とロシア料理を食べに行った。メンバーは50代の父母とその大学生の息子、私である。父親は私にご馳走してくれる気、満々でその店で一番高いコースを勧めてくれた。確か、壺焼きが付いていて、その中身が蟹だったりベーコンだったり、チーズだったりで7種類くらいから選ぶシステムだった。

その息子は少し迷って「ベーコン」を選択した。すると父親がこう言ったのだ。

「なんでベーコン? この場合、(正解は)蟹だろ? 蟹?」

今度は母親がこう応じた。

「そうよ、せっかくなんだから蟹にしなさい、蟹に!」

その息子がこう言ったのを私は忘れない。

「じゃ、蟹で……」

その場で「大変だね、君も」と応じた私にその息子が今度はこう言った。

「まあ、いつもどおりですよ。(俺の)意見は(通ら)ないんで……」

親子の暗黙の了解にクビを突っ込んでしまったバツの悪さたるや。ただ、この私が感じた「違和感」をこの子の両親は露ほども感じていないことだけは確かだ。その場で一番価値が良いものを選択して、それを勧めて、それを掴ませる。何が問題だろうか? という態度であった。

私が言うまでもなく、人生は常に取捨選択の連続だ。プライオリティーを自ら決めて、実践していく、人生はその繰り返しなのだ。その中で自分自身の価値観、やり方を学び、構築していくのである。

この息子によると小さいころから自分には選択権がなく、勇気を出して申し出たとしても「正論で潰される」。いつしか自分の意見はなくなったと言う。親の意を汲み、優秀大学に入ったものの、大学にはどうしても足が向かないという彼。

在籍する大学は聞こえが良い有名校で、就職も好調で、親も満足。けれども肝心な自分には全く興味が湧かない場所だと言う。

「(自分の居場所は)ここじゃない!」って感覚に襲われるのだそうだ。

「じゃ、自分の求めるところに行けよって思いますよね、普通。でも、俺にはそれがわかんないんですよ。感情がないって言えばいいのか……。俺は誰だ? って感覚っすかね……」

例えファミレスだろうと、幼かろうと、自分の食いたいものは自分で選ぶ。

「蟹」と「ベーコン」の2択だとして、我が子が「ベーコン」を選んだならば、何も言わずに「ベーコン」をオーダーする「肝」がない家庭は「リスク」が増大するのではないか。

PickUp