2015年6月18日(木)

1
nextpage
マンションより一戸建て。軽自動車よりSUV。洋服を買うならファストファッションよりデパートで……。高年収世帯が冒しがちなムダ遣い、見栄消費を総点検。本当に満足度の高いお金の使い方、教えます。

自動車を購入する際にも、ムダがつきまとうものだ。自動車評論家の竹岡圭氏は、年収700万円以上の人が冒しがちな車選びとして「自分のライフスタイルに見合わないハイスペックな車を買ってしまう」点を指摘する。

例えばハイブリッド車の場合、高速走行や重い荷物を積んだ場合など、燃費性能を発揮できないことがある。

「週末にゴルフに出かけるときにしか使わない人などは、かえってガソリン車より燃費が悪くなることもあります」

グラフを拡大
特徴的なのは、年収が高くなるほど、「セダン」「持っていない」の率が高まる点だ。一方、年収が低くなるほど、「2台以上所有」の率は高まる。「SUV」を所有する世帯は、年収にかかわらず4~6%と一定している。

心当たりがある人も多いだろう。「車好きも満足できる、コスパの高い車の選び方」はないだろうか。

【ポイント1】乗り方によって燃費は変動する。カタログ上の燃費だけでコスパを考えるのは不十分。
【ポイント2】自分の職業やライフスタイルにおいて、車が持つ意味を考えよう。他の支出と並べて、車の優先順位はどれくらいかを考えてみること。身の丈に合った車を選ぶことを、一番大切にしたい。
【ポイント3】エコカー減税などの適応なども考慮すべし。

関東圏では、ここ数年SUVの人気が高まっており、都心で目にすることも増えた。どれくらいの頻度でアウトドアに出かければ元が取れるかを聞いたところ、「そもそもキャンプ場のすぐ近くまで高速道路で行ける日本の道路事情に、本格的な四駆が必要なシーンはほとんどない。燃費も悪い」と断言。

PickUp