2015年1月23日(金)

女のDV急増! なぜ妻は、夫を殴るのか

PRESIDENT 2013年9月2日号

恋人・夫婦仲相談所所長、作家 二松まゆみ 構成=大宮冬洋
1
nextpage

帰宅のたびに、玄関で土下座

帰宅するたびに玄関のたたきに土下座させられ、妻と姑に上から踏まれたり蹴られたりしていた男性がいます。収入が低いことを理由に、「この役立たず!」と罵られながら暴力を振るわれているのです。

より深刻なケースもあります。妻に大きな棒で強打されて腕を骨折した男性です。原因はやはりお金。この男性はギャンブル依存症で、100万円単位の損をしたことが発覚しました。妻が激高するのも無理はありませんが、骨折するほどの暴力となるとエスカレートすれば命の危険を伴います。

グラフを拡大
男性の配偶者暴力相談支援センターへの相談は10年で7倍

内閣府の配偶者暴力相談支援センターによれば、同センターに相談をした男性は平成14年度は146人(総数の0.4%)でした。ところが、10年後の平成24年度は1065人(1.2%)と倍以上も増えています。

冒頭の例のように、私のところにも男性から相談が寄せられます。「恥ずかしくて他人に明かせない」という男性心理を考えると、実際にはさらに多くの男性が妻やその家族からの暴力に苦しんでいるはずです。

潜在的な暴力妻を見分ける方法は、暴力夫の場合と同じ。一つは、言葉だけでなく態度と行動で怒りを表すタイプです。何も言わずにドアをバンと閉めて出ていくことから始まり、包丁をまな板に突き刺す、皿を壁に叩きつける……。憤怒の原因である夫に暴力の矛先が向かうのは時間の問題です。

もう一つは、独占欲が強いか否か。

「配偶者には何をしてもいい」と考える人たちがいます。意にそぐわないことがあれば手を上げてしまいがちです。嫉妬深い恋人と結婚した場合は男女ともに注意が必要でしょう。

PickUp