2014年11月26日(水)

独身1000人調査! 薄給でも結婚したい人の条件

PRESIDENT 2014年4月14日号

著者
大宮 冬洋 おおみや・とうよう
フリーライター

大宮 冬洋1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職。退職後、編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターに。ビジネス誌や料理誌などで幅広く活躍。著書に『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。』(ぱる出版)、共著に『30代未婚男』(生活人新書)などがある。実験くんの食生活ブログ http://syokulife.exblog.jp/

執筆記事一覧

大宮冬洋=文
1
nextpage
「高年収ほど結婚に有利」はすでに過去のこと。男女ともに求める条件は激変。20代、30代の本音とは?

「女は若さと美貌、男は最低300万」露骨な結果が出た

グラフを拡大
結婚相手に望む理想の年収は?

女性は若くて美しければ低収入でも結婚できる。男性は300万円以上の稼ぎは必須で、500万円以上あれば有利。ただし、若々しい外見と誠実さ、そして安定性がなければ難しい――。

20代・30代の独身男女にアンケートを取ると、露骨な結果が出た。自由回答欄を見ても、「年収を理由に振られた」(年収300万円未満)、「年収が低いため、養っていく自信がない」(同300万~500万円未満)など、年収500万円未満の男性からは濃厚なあきらめムードが伝わってくる。

低年収でもエリート美女と結婚する方法などを紹介するつもりはない。仕事熱心で向上心があるプレジデント誌読者の男性には不要な情報だからだ。知りたいのは、年収500万円は確保したうえでモテる、もとい理想の女性と結婚する道筋である。年収1000万円になったら人気が沸騰するのだろうか?

キレイごと抜きの実情と対策を知りたい。結婚情報サービスを展開する会社はたくさんあるが、会員数ではなく、「成婚率」で群を抜く2社を取材した。

「入会希望者のうち7%の方は入会をお断りしています。たとえば、40歳で年収200万円のアルバイトの男性ではマッチングがきわめて難しい。相手のご紹介ができないのに入会金などの対価をいただくことはできません」

率直に明かしてくれるのは、会員数9000人で成婚率20%を誇るパートナーエージェントの伊東祐輔取締役だ。年間30万円ほどの費用がかかる同社のサービスを利用するのは、男性は平均39歳で年収650万円、女性は36歳で年収410万円。単純に組み合わせると、世帯年収1000万円超のアラフォー夫婦が誕生する。

「男性は35歳前後で年収が高めな方に(お見合いの)紹介が出やすいのは確かです。ただし、紹介が出やすい方と成婚しやすい方は違います。身長や学歴、年収といった条件は成婚とは関係ないというのが結論です」

伊東氏は、「外的条件と内的条件」という言葉で説明する。実際に会ってみるか否かは容姿を含めた外的条件で決めるが、それから先は性格や趣味、価値観といった内的条件がより重要になる。

「年収1000万円だからといって生理的に合わない人と結婚しようとは思わないでしょう。内的条件を掘り下げるには、『あなたが求めている優しさとは具体的にはどのような優しさなのか』と面談で引き出していきます」

価値観が合う人と結ばれる、と言ってしまえばそれまでだ。実際はどんな人が成婚しやすいのか。

「コンシェルジュ(現場のお見合いスタッフ)たちに聞いたところ、婚活を前向きに頑張る人という答えを得ました。結婚とはある意味では確率論なのです。毎週のようにお見合いして振られてしまう経験を乗り越えないといけません。1年間で18人と会って結婚するのが平均像です」

伊東氏によれば、何人もの異性と出会っていくうちに頭の中にあった「外的条件」が変化していく。自分はどういう人が好きかが少しずつ明確になっていき、最初とは異なる外的条件の人と成婚することが多いという。

PickUp