よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

「産む」×「働く」

授乳しながら学べる「育休MBA」

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
白河 桃子 しらかわ・とうこ
少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

白河 桃子少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授、経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員。
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏(国立成育医療研究センター少子化危機突破タスクフォース第二期座長)とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。学生向け無料オンライン講座「産むX働くの授業」(http://www.youtube.com/user/goninkatsu)も。著書に『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『婚活症候群』、最新刊『「産む」と「働く」の教科書』など。

執筆記事一覧

少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授 白河桃子
この連載の一覧

オムツを替えながらでも頭は使える

キッズスペースで思い思いにハイハイする乳児たち

都内のマンションの一室には、ハイハイする乳児と育児休業中のママたちが集合(パパも1名参加)。中にはママの膝で授乳中の赤ちゃんも。一見ママサークルのように見えますが、これは育休を利用した「育休を活用したMBA体験勉強会(略称:育休MBA勉強会)」です。

1歳未満の乳児を連れて、「慶応ビジネススクール公式などの本科的な教材を使って、MBAと同様に経営者視点で考え、ディスカッションする」ビジネススクールなんて、世の中にありますか? もちろん、ディスカッションしながらの抱っこ・授乳・オムツかえOKというスタイル。 「授乳しながらも、脳みそと眼と口は動かせるんだ」 と参加者は驚きますが、もともと女性はマルチタスク。プログラムを監修している静岡県立大学助教国保祥子さんは「男性だとこういう並行作業って難しいんじゃないかなと思うのですが、マルチプロセッサー脳の女性はこれでも十分に学習効果が上がるということがわかりました」といいます。キャリアの中断になりがちな育休を学習の機会にする画期的な取り組みです。

この日のケースは国保さんのオリジナルで女性が突き当たりがちな「壁」を疑似体験する「岡村課長と定時後のクレーム」。子育て中の女性が定時で帰ってしまった後に担当するお客様からのクレームを他の社員が対応することで、部署のモチベーションが低下していることに悩む中間管理職のケース。

当事者としての適切な振る舞いを考えるだけでなく、管理職視点で課題をとらえて対策を考えるような設問が設定されています。

参加者からはこんな声が。

「自分が管理職としてケースを読むと『ああ、私は上から見て使いづらい社員なんだな』と再確認しつつ(笑)、ではそんな管理職からの視線をどう『反転』させるかのアイディアを考えてディスカッションする場」 (黒田泰子、大手マスコミ、入社12年目、30代後半、子ども3歳0歳)

「制約のある人材だからこそ、積極的にコミュニケーションを取らないと、やる気や進捗、今の立場だからこそ見えることが伝わらない。今までなかった戦略的コミュニケーションの必要性が見えてきた」 と岡野美佳さん(大手外資系食品メーカー、30代前半、子ども3歳0歳)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 妊娠出産保育園育休ワーママMBA
PRESIDENT WOMAN VOL.15
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.15 2016年7月号 女性の給料最新ファイル 友人にも同僚にもなかなか聞けないお金のハナシ、お給料。仕事に対して満足のいく給与ってどのくらい? 私の給与は妥当なの? 稼いだお金をみんなどうしてるの? モヤモヤしていたそんな疑問に、550人調査からお答えします!

今日の花個紋

葉付き額紫陽花

はつきがくあじさい
個意ことば
【閃き】
花名
額紫陽花

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★