よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

授かりたい男女に贈る妊娠の真実

50年前の妊娠・出産

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
河合 蘭 かわい・らん
出産専門 ジャーナリスト

河合 蘭出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門のジャーナリスト。自身は2児を20代出産したのち末子を37歳で高齢出産。国立大学法人東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校非常勤講師。著書に『卵子老化の真実』(文春新書)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』、『助産師と産む-病院でも、助産院でも、自宅でも』 (共に岩波書店)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版生活人新書)など。 http://www.kawairan.com

執筆記事一覧

出産専門ジャーナリスト 河合 蘭
この連載の一覧

お産婆さんの意外な役割

1964年の東京オリンピック開催から、今年で50周年。各地でさまざまな企画がおこなわれているが、この時代の妊娠・出産はどんな様子だったのだろうか。50年前を振り返ってみると、この時代は現代とはまったく違うように見えて、実は「このあたりに、現代の起点がある」と感じる部分も多い。

経済白書に「もはや戦後ではない」と書かれたのは1956年だが、確かに、東京オリンピックの時代は出産シーンでも戦後の大変化がひととおり終わったところという印象だ。

グラフを拡大
出生数の推移(出産場所別)人口動態統計 市部/郡部

戦後すぐに起きたベビーブームの頃は、日本の赤ちゃんのほとんどは「お産婆さん」と呼ばれた開業助産師による自宅出産で生まれている。GHQは、当時のアメリカには助産師がいなかったので自宅出産をやめさせようとしたのだが、やがて日本の助産師は正規の教育を受けていることを理解したので自宅出産時代はしばらく続いたのである。

お産をお願いするお産婆さんは地域ごとにだいたい決まっていて、育児や結婚生活など女性のよろず相談を引き受けていたという話も多い。地域には、配偶者選びを手伝う人もいた。その人たちが活躍したのがお見合い結婚である。

しかし、1950年代になると若い人たちが都市に集中するようになり、結婚や出産の世話を焼く地域ネットワークは機能しなくなっていく。50年代に市部が若い人を大量に呑み込み、郡部から出産が急速に消えていく。市町村合併の影響もあるだろうが、それにしてもこのスピードには凄まじいものがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 出産妊娠
PRESIDENT WOMAN VOL.14
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.14 2016年6月号 一日で、ロジカルに話せる人になる ビジネスシーンでの「話し方」において、最も必要なことはなんだろう。そして、世の中の働く女性が苦手だと感じていることは? 今月のプレジデントウーマンは「論理的に話すこと」を目標に掲げます! これができれば、きっと悩みは解決するはずです。

今日の花個紋

三つ割り鉄線

みつわりてっせん
個意ことば
【不屈】
花名
鉄線

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★