2014年8月12日(火)

ロシア・中国で流れるマレーシア機撃墜「ウクライナ軍」説

PRESIDENT Online スペシャル

著者
北野 幸伯 きたの・よしのり
国際関係アナリスト

北野 幸伯1970年生まれ。ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学卒業(政治学修士)。モスクワ在住24年。カルムイキヤ自治共和国大統領顧問に就任。99年、無料メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を創刊。2003年、コンサルティング会社IMT設立。著書に『日本自立のためのプーチン最強講義(』集英社インターナショナル)ほか。

国際関係アナリスト 北野幸伯
1
nextpage

ウクライナ軍によるプーチン暗殺未遂?

マレーシア航空機が7月17日、ウクライナ東部ドネツクで撃墜された事件。日本では、ウクライナからの独立を目指し、ロシアの支援を受ける親ロシア派による誤爆というのが定説だ。

しかし、世界的な定説かというと、実はそうでもない。ロシアでは、ほぼ全国民が親ロシア派がやったとは思っていない。何と、欧米寄りのウクライナ軍がやった! というのだ。

「ウクライナ軍説」は、7月22日付毎日新聞にも掲載されている。

<ロシア国防省は21日、マレーシア航空機撃墜事件について会見し、スホイ25攻撃機とみられるウクライナ空軍機が撃墜当時、マレーシア機に3~5キロまで接近して飛行していたと発表した>

<またウクライナ軍が当日に東部ドネツク州で地対空ミサイルシステムを稼働していたとも指摘。断定は避けつつも、撃墜にウクライナ軍が関与しているとの見方を示した>

中国でもそうした報道が見られる。7月18日付新華ニュースは、ロシア国営メディア「ロシア・トゥデイ」の報道を引用して、こんな記事を掲載している。

<撃墜されたマレーシア航空機がプーチン大統領専用機と同じ航空路を飛行 プーチン大統領が襲撃目標か>

<(消息筋は)「マレーシア航空機はモスクワ現地時間午後3時44分に、プーチン大統領専用機は午後4時21分にそこを通った」と語り、「2機の外観、カラーなどがほとんど同じで、2機の区分けをするのは難しい」と付け加えた>

要するに、「ウクライナ軍によるプーチン暗殺未遂だ!」というのだ。

日本人にはトンデモ話に聞こえるが、中ロの示す根拠は3つある。

PickUp