よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

授かりたい男女に贈る妊娠の真実

ダウン症の「出生前“治療”」ができるようになる?

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
河合 蘭 かわい・らん
出産専門 ジャーナリスト

河合 蘭出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門のジャーナリスト。自身は2児を20代出産したのち末子を37歳で高齢出産。国立大学法人東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校非常勤講師。著書に『卵子老化の真実』(文春新書)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』、『助産師と産む-病院でも、助産院でも、自宅でも』 (共に岩波書店)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版生活人新書)など。 http://www.kawairan.com

執筆記事一覧

出産専門ジャーナリスト 河合 蘭
この連載の一覧

驚きの研究報告

妊娠を考えている人の中には、「妊娠したら出生前診断を受けるのだろうか」と悩んでいる人もいることだろう。2013年4月、血液検査でダウン症、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群が高い精度でわかる「新型出生前診断」が導入されたことで、胎児の先天異常が気になる人は増加傾向にある。

この検査についてどう考えるかは、その人の生命観、倫理観の違いによって意見が分かれる。と同時に、これは案外と技術の進み具合に強く関係している。

第一に、検査の精度が問題にされているが、これは今後さらに上がることが確実と見られている。だから精度に注目していると状況はどんどん変わってしまう。そして、技術革新が変えるのは診断の技術だけだろうか。「治療」はどうだろう? 第二に考えてみたいのは、見つかった異常に対して治療法が確立されれば、検査の意義は変わるということだ。

最近、新しい本のために出生前診断について数人の医師と話したのだが、驚くべきことを知った。海外では最近、ダウン症胎児の「出生前“治療”」についての研究報告が出てきたという。

米国・タフツ大学のダイアナ・ビアンキ教授らのグループは、ダウン症のある子どもの神経発達は胎内で通常より強く酸化ストレスにさらされていると報告している。もし、酸化ストレスが脳細胞にダメージを与えるのを防ぐことができれば、知的な面で障害を軽くする出生前治療が可能になるかもしれない。

染色体自体を変える技術については、まだ人類は発想の糸口すらつかめていない。しかし、異常があることで二次的に起きてくる問題については、医療技術によって防止策、緩和策を開発することが可能だ。それも、臓器や組織ができあがる以前に働きかけることができれば効果はより大きいと考えられる。

また、ダウン症の人は正常な染色体を持っているのに、ただ1本多いだけでさまざまな症状が出ていると考えられている。それなら、その1本が働かないようにしようという研究も始まっているそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 妊娠出産不妊妊活出生前診断
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★