2014年1月25日(土)

内部留保 -すべて現預金でストックされているという勘違い

PRESIDENT 2013年12月16日号

著者
柴山 政行 しばやま・まさゆき
公認会計士・税理士

柴山 政行

1965年、神奈川県生まれ。埼玉大学経済学部卒業後、92年10月に公認会計士二次試験に合格。大手会計事務所勤務などを経て、98年に柴山政行公認会計士事務所を開設。コンサルティング、実践的な会計教育など業務の拡大にともない、2004年に合資会社柴山会計ソリューションを設立する。近著に『一目で見抜く!財務諸表解読法』がある。

執筆記事一覧

公認会計士・税理士 柴山政行 構成=高橋晴美 図版作成=ライヴ・アート
1
nextpage

最近、日本企業が莫大な内部留保を抱えているという報道を頻繁に目にする。その際に指摘されることが多いのが、「企業が利益を貯めこんで有効に活用していない」「賃金に回すことはできないのか」といったこと。その指摘は正しいのだろうか。

企業が事業などで獲得した利益を「税引前利益」といい、ここから法人税などの税金を除いた額が「純利益」となる。純利益は株主への配当金などの原資となり、そのような処分額を差し引いた残りを「利益剰余金」という。利益剰余金は、企業の資産として社内に蓄積される。

この利益剰余金こそが、「内部留保(=自前で調達した資産の源泉)」の主役なのだ。引当金や減価償却額の一部などを含める見方もあるが、専門的な話になるのでここでは省略する。そして、意外に思われるかもしれないが、内部留保という言葉は簿記会計の正式な用語ではなく、上場企業の決算書の中で、「内部留保」という勘定科目は通常見られない。

では、内部留保の中心となる利益剰余金は、いったいどのように処理されているのだろう。

利益剰余金は、バランスシート(B/S)の「純資産の部」に記載される。文字通り、これに応じた額の資産が社内留保されていると見てよい。

その純資産には利益剰余金のほかに、「資本金」「資本準備金」などの勘定科目がある。借り入れなど他人の懐をアテにせず、自分たちで集めたり、稼いだ企業活動の原資が、この純資産に計上されているわけだ。

ここで多くの人が勘違いをしているのが、内部留保は現預金で保有されていると思い込んでいることである。どの企業のB/Sを見ても、利益剰余金と現預金の額が一致していることはないはずだ。

PickUp