よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

「産む」×「働く」

不妊治療のネックは「男のプライド」

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
白河 桃子 しらかわ・とうこ
少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

白河 桃子少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授、経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員。
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏(国立成育医療研究センター少子化危機突破タスクフォース第二期座長)とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。学生向け無料オンライン講座「産むX働くの授業」(http://www.youtube.com/user/goninkatsu)も。著書に『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『婚活症候群』、最新刊『「産む」と「働く」の教科書』など。

執筆記事一覧

少子化ジャーナリスト、作家、白百合、東京女子大非常勤講師 白河桃子
この連載の一覧

妊娠と夫の年齢

グラフを拡大
男性の年齢と妊娠にかかる期間

実は男性の年齢も「妊娠」には大きく関わってきています。

このグラフは、子どもが欲しいと思ってから子どもができるまでにかかる期間を男性の年齢ごとに比較したものですが、やはり40歳を超えると長くなっている。

先日、NPO法人FINEが主催する「ちゃんと知りたい男女の不妊」というイベントで『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』の著者、ヒキタクニオさんと一緒に登壇しました。

ヒキタさんは子どもが欲しいと思った時点ですでに45歳。5年の「妊活」を経て、我が子を腕に抱くことができたのですが、会場からは「何が一番効果があったのか?」という質問が出ました。

「断食をしたときに精子の運動率が7割まで上がった」とおっしゃっていましたが、会場にいる専門医は首をふっています。医学的には根拠がないのでしょう。ヒキタさんは結局「体合わせ、心合わせ」が一番大事という言葉で締めくくりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 妊娠出産不妊妊活
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★