2013年9月28日(土)

年代・出身大学別 平均年収ランキング[2010年代就職組]

PRESIDENT 2012年10月15日号

1
nextpage
母校の先輩、後輩の仕事ぶりが一目瞭然! 高収入を貰っている大学ベスト40はこれだ。

調査概要/大学別の就職先データは大学通信、「大学別就職先しらべ」(リクルート)を利用した。平均年収は厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(2011年)を用いて算出した。

東京外大、ICUの平均年収が高い理由

図を拡大
平均年収ランキング(1~20位)

11年3月には、東日本大震災が発生し、メーカーや小売業界などでは業績が悪化し、新卒の採用者数を減らす企業が現れた。

企業人事に詳しい日本総合研究所の寺崎文勝氏(87年、早稲田大学第一文学部卒)は、「景気の動向に必要以上に翻弄されるならば、新卒採用のあり方に問題があるのかもしれないが、それぞれの時代背景にも目を向けるべき」と説く。

「その時点での日本経済の成長を踏まえて検証することが大切。世代間の不公平感だけで見ると、実態や真相には迫れない」

図を見ると、豊橋技術科学大学が初めてランクインとなった。今後は、こういう新顔が増えてくるのかもしれない。

00年代後半から10年以降は、中学校や高校、大学などで学ぶ「キャリア教育」の効果が表れ始めている。職業的に自立できる人材を育成しようというものである。特に中学や高校では、職業について考える機会が他の先進国と比べて少ないと以前から指摘を受けてきた。

図を拡大
平均年収ランキング(21~40位)

東海大学政治経済学部2年の佐野貴氏は、今年の春から人材育成会社・新規開拓でインターンシップ生として働く。同社代表の朝倉千恵子氏の著書や講演を見聞きし、会社の経営や仕事への姿勢を学びたいと思い、エントリーした。

現在は自宅から1時間半かけて週2~3日ほど通勤し、主に営業のサポート業務を行う。その傍ら、講演やセミナーの運営も手伝う。いつかは会社を経営したい、という思いを打ち明ける。

「中高校のとき、いじめが盛んだった。そのことに疑問や怒りを覚えた。いじめを受け、委縮し、自信をなくす学生がいた。トータルビューティサロンの会社を興し、心のあり方など内面的なものに自信を持つことができる支援をしたい」

今後、就職活動をするが、進むべき業界や企業はまだ決めていない。インターンシップなどを通して企業社会を幅広く知り、自分が貢献できうる職場を見つけたいという。

PickUp