なぜ一流の人は、多忙を極めても余裕があるのか。その違いは、脳と心の使い方にあった。精神科医と心理学のプロが教える。

ストレス解消できる趣味が長続きする法

今の時代、「仕事が趣味」なんて嘲笑されるのがオチ。仕事のストレスを発散するためにも趣味は持ちたいが、なにをするのがベストだろう。

「スポーツやものづくりをするイメージがありますが、それほど大上段に構えなくてもいいと思います。私もたいした趣味はありませんから。たとえば、コーヒーを飲みながら新聞を読むとか、おいしいものを食べにいくなど、楽しいことや気晴らしになることがあれば十分でしょう」

とは精神科医の西多昌規さんからの答えだ。

一方、心理学ジャーナリストの佐々木正悟さんは、自然に触れられる趣味を勧める。

「そもそも野生の動物は、ストレスに非常に弱い。それは自然界にストレスの発生源が少ないため。だから、耐性が低くても生きていけるのです。実際、野生の動物を人工的な環境に置くと繁殖しなくなり、死んでしまうこともある。逆に、人間はストレス耐性が高いので、人工的な環境でも生きられるのです」

キャンプや山登りといったアウトドアレジャーだけでなく、美しい景色を写真や絵として残すなど自然に触れる趣味はいろいろあるはずだ。

対して、人工的な趣味の最たるものがインターネットやゲームだろう。休日に1日中、画面に向かっていたら、健康によくなさそうだが、実際はどうなのか。西多さんは言う。

「ほどほどにやるなら気晴らしにはなるでしょうが、1日中、睡眠時間を削ってまでしているとなると問題です。目が疲れるのはもちろん、ネット依存の状態になると昼夜が逆転するなど生活のリズムが崩れて健康を害します。ただ、インターネットは仕事と結びついているので、時間を決めてセーブするのは難しい。SEなどコンピュータ関連の従業者は、精神科にかかる率が高いのも事実ですが」

職業柄、パソコンに向かう時間が長い人こそ、プライベートでは自然の中で過ごせるような趣味を持つべきといえるかもしれない。

趣味を持ちたくても、仕事に忙殺されてなかなか時間が取れないという人もいるはずだ。そこで、お手本にしたいのは、佐々木さんが実践しているスマホでのスケジュール管理だ。起床から就寝までの行動が入力された予定表には、朝の散歩から、健康体操、妻との会話の時間までがしっかりと組み込まれている。こうして予定をしておけば、忙しい中であっても時間の確保ができる。「今年こそ」と考えている趣味を、予定に加えてみるといい。

「ただし、それまでの自分の生活に新たな時間を組み込むのは、習慣の“破壊”になります。それが楽しくなければ、元に戻そうという力が強く働いて3日坊主で終わることも。大切なのは、自分がやりたいことをやることです」

今まで家でゴロゴロしていた人が無理に「山登りをして自然に触れよう」と思い立っても計画倒れで終わる可能性は高い。かえってストレスをためる事態になりかねないのでご注意を。

西多 昌規(にしだ・まさき)
精神科医・医学博士
自治医科大学精神医学教室講師。1970年、石川県生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、国立精神・神経医療研究センター、ハーバード・メディカル・スクール研究員を経て現職。
 
佐々木 正悟(ささき・しょうご)
心理学ジャーナリスト
1973年、北海道生まれ。獨協大学卒業後、ドコモサービス勤務を経て、米・アヴィラ大学心理学科卒業、ネバダ州立大学リノ校・実験心理学博士課程に移籍。2005年帰国。専門は認知心理学。