世間では「婚活」が花盛りだ。しかし、インスピレーションで相手を選ぶと結婚後に後悔することになりかねない。理想の結婚をするには、相手に求める条件について婚活前に煮詰めておく必要がある。

このように物事を深めて考えたいときに活用したいのがロジックツリーだ。ロジックツリーは、上位概念を下位概念にブレークダウンしてツリー状に図示する手法である。ツリーが伸びれば伸びるほど、物事を構成する要素が詳細化・具体化されていく。コンサルティングの現場では、問題の原因を洗い出したり、解決策を導き出すときによく利用されるフレームワークのひとつだ。

ここではロジックツリーの使い方を、結婚の条件を例に説明しよう。実際こんなふうにして相手を選ぶ人はいないかもしれないが、たとえば相談所に条件を問われたとき、「その場の思いつき」で条件を並べた後に「○○を言い忘れた」とならないよう、要望を整理するために用いるといい。

まず結婚相手に求める条件を大別すると、一般的には「外見」と「内面」という下位概念が浮かび上がるだろう。次に「外見」を分解することで、「身長」「体重」といった具体的な条件が明確になる。最初は漠然としていた「見た目の印象が良い人」という条件も、下位概念へとブレークダウンしていくことで具体化されていく。これは「内面」についても同じだ。外見と同様、内面を分解していくことで、「性格」「知性」「趣味」などより詳細な条件が浮かび上がってくる。これが思考を深めるプロセスになる。