なぜ、いつまで経っても時間をうまく使えないのか?

仕事柄、多くのビジネスパーソンと接しますが、「時間が足りない、時間をうまく使えない」という悩みを聞くことが少なくありません。

私も昔はそれほど時間を使うのが上手だったとは言えませんが、忙しい時期を経験したこともあり、今では時間の使い方がかなりうまくなったと思っています。

時間の使い方にはコツがあるのです。

時間をうまく使う目的は、良質のアウトプットをできるだけ多く出すことです。個人的な話で恐縮ですが、私は現在、年間で講演や研修を約180カ所で行い、社外役員や顧問をしている会社が10数社、小宮コンサルタンツという私を含めて11人の会社の経営を行い、名古屋大学経済学部の客員教授をしています。

それに加え、大阪で月に8本のテレビ番組に出演し、連載はこの原稿も含めて月に10本ほど書き、その合間を縫って毎年10冊ほどの本を出版しています。そのため、移動も多く、試しに数えてみましたら、ひと区間を1回として昨年は新幹線に131回、飛行機に69回乗りました。ときには過酷な移動をこなしながら、結構な量のアウトプットを出しています。もちろん、スタッフや編集者の方たちなど多くの人のご協力があってのことですが、時間の使い方にはとくに注意しています。