目の前にある食べ物や飲み物は、はたして体にいいのか、悪いのか。ボストン在住の医師・大西睦子先生がハーバード大学での研究や欧米の最新論文などの根拠に基づき“食の神話”を大検証します。

2015年2月、米国ではアメリカ人のための食生活ガイドライン草案で「コレステロールの摂取を制限する必要はない」と明示されました。同年4月には日本でも、厚労省「日本人の食事摂取基準」において上限目標が撤廃されたのです。

これまで、コレステロールを多く含む食品の代表例として取り上げられることが多かったのが鶏卵。タンパク質、脂質、炭水化物、さらには豊富なビタミン、ミネラルを含むことから「完全栄養食」と持ち上げられることがある一方で、悪者扱いされることもしばしばありました。

 

そもそも、なぜコレステロールが体に悪いのでしょうか。じつは、血液中のコレステロールが増えると、血管の壁に付着して動脈硬化を引き起こし、脳卒中や虚血性心疾患などの原因になるからなのです。

コレステロールの制限が推奨され始めたのは、米国では1960年代から。80年代には、コレステロールの摂取量目標が1日300mg以下に設定されました。鶏卵は1個あたり約200mgのコレステロールを含みます。つまり、2個食べればそれだけで制限値を大きく超えてしまいます。ほかの食べ物からの摂取量を考えると、1個でも食べるのがためらわれる基準です。

それが94年、24人の健康な人を対象にしたデンマークの研究で、毎日2個の卵を6週間摂取したらHDL(善玉)コレステロールが10%増加したことが判明。99年には、ハーバード大学の研究者たちが、健康な人は1日1個の卵を食べても、心疾患や脳卒中のリスクにはほとんど影響がないと発表。

そして2006年、コネチカット大学の研究者は、コレステロールを多く含む食品を食べても、血中コレステロール値はほとんど無関係とし、卵の“汚名返上”へ向けて一気に歩を進めました。

卵を一度に大量に食べることは推奨できないものの、健康な人なら、栄養食品として毎日1個は食べたい食品ともいえるでしょう。ただし、高LDL(悪玉)コレステロール血症患者や糖尿病患者などは、依然、卵の摂取には慎重になってください。

 
大西睦子
内科医師・医学博士。東京女子医科大卒業。国立がんセンター、東京大学を経て、2007年から13年まで、米国ハーバード大学リサーチフェローとして、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度受賞。著書に『健康でいたければ「それ」は食べるな』『カロリーゼロにだまされるな』など。