いまやツイッターのフォロワー数29万人。世界陸上のメダリストで、ベストセラー『諦める力』の著者、為末大さんが、世界の問題から身近な問題まで、「納得できない!」「許せない!」「諦められない!」問題に答えます。(お悩みの募集は締め切りました)。
お悩みファイル8■シングルマザーでパチンコ中毒です
中学1年生の子を持つシングルマザーです。これからいろいろと、わが子にお金がかかる時期なのに、お金に少し余裕ができるとパチンコに行ってしまいます。「貯金しないとダメ」とわかってはいるのに……。こんな自分が本当に大嫌いです。(女性・パート・39歳)

パチンコにはまっている自分が「大嫌い」とおっしゃっているわりにはあまり切迫感が感じられないのですが……。本当にやめる気があるのでしょうか。この方の場合、パチンコ癖とは別の大きな問題が根本に潜んでいる気がします。

このお悩みを聞いたとき、「予実対比」という言葉が思い浮かびました。予実対比とは、当初の計画(予算)と実績を比較して、その差が生じた原因を分析することです。つまり、計画どおりにいかなかったときになぜなのかを考えるということです。経営や会計などの分野で使われる言葉ですが、けっこう応用がききます。

人生をこまめに予実対比していると、計画と実績のズレに早めに気付いて補正していくこともできます。ただ、この方の場合は計画と実績にズレがあったというより、そもそもの計画が無かったことが問題のように見えます。パチンコにお金を使ってしまったから貯金できないのではなく、そもそも貯金しようと思っていなかったからパチンコで浪費してしまったのではないでしょうか。

ということで、まずは5年後、10年後に達成したい目標を掲げてはどうでしょう。貯金に関しては、たとえば「1カ月に○○円貯金する」といった具合により短期間の数値目標を立てるとよいかもしれません。陸上競技のトレーニングでは目標達成のためにあらゆることを数値化し、目標が達成されたところを繰り返しイメージします。漠然と「こうなりたい」と思っているだけだと結局流されてしまいます。もちろん、計画どおりにことがすすまないこともありますが、そこで自分に対して厳しくなれるかどうか。これが難しいんですよね。

懐が温かくなったらパチンコをするという条件反射的な行動は、「我慢する」といった精神論ではおそらくやめられないと思うので、物理的な制限をかけることをおすすめします。たとえば、「忙しくして、パチンコに行けない状況を作る」というのも一案です。

シングルマザーとしておひとりでお子さんを育ててこられた過程ではご苦労もあったと思います。そのストレスがパチンコに向かっている、ということも考えられますね。だとしたらそのストレスをつきとめ、それを解消する方法も合わせて考えたほうがよいかもしれません。いずれにしてもご自身が直面している問題が「パチンコをするせいで貯金ができない」というよりももっと根が深いものだということを認識してください。

為末 大(ためすえ・だい)
1978年広島県生まれ。陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2014年10月現在)。2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2003年、プロに転向。2012年、25年間の現役生活から引退。現在は、一般社団法人アスリート・ソサエティ(2010年設立)、為末大学(2012年開講)、Xiborg(2014年設立)などを通じ、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。
http://tamesue.jp