医療費の負担額には上限がある

いきなりですが、問題です。

真由子さんが病気で1カ月入院し、医療費が100万円かかりました。もちろん真由子さんは健康保険に加入しており、医療費の自己負担は3割。では、真由子さんが負担するのはいくらでしょうか。

100万円の3割だから30万円……。と答えた人は間違い。正解は8万7430円です。

なぜだか分かりますか?

健康保険から、「高額療養費」という給付があるからです。

表を拡大
1カ月の自己負担上限額

「高額療養費」とは、1カ月に自己負担する医療費の上限を定め、それを超えた分が給付されるというもの。上限額は年齢(70歳未満か70歳以上か)と年収によって決められており、70歳未満・年収約370万円~約770万円の人では約9万円です。

真由子さんの年収は500万円なので、1カ月の医療費自己負担分は約9万円。約9万円を超えた分は健康保険から給付されるため、真由子さんは約9万円負担すればいいのです。100万円かかっても、自己負担は約9万円で済むのです。

すごくいい制度ですよね。

自己負担の上限額は70歳未満の人は5段階、70歳以上では4段階に分かれており、表のようになっています。今年1月から一部の人については上限額が変更されていますので、高額療養費のことは知っている、という方も、表をチェックしてみてください。