よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

女性役員の「上を目指して歩こう」

すがる子どもを振り切ってミーティングへ -BT(ブリティッシュテレコム)ジャパン 社長 吉田晴乃さん【1】

PRESIDENT WOMAN Online 大下明文=構成 向井 渉=撮影 この連載の一覧

ちっぽけな自分が楽しかった

BTジャパン 社長 吉田晴乃さん

30歳で日本を飛び出したんですが、海外生活が人生を変えました。

すごい開放的だったんですよ。自分にめぐり合ったっていうんですか。“ありの~ままの~”の世界ですね(笑)

バブルの申し子といわれる時代、恵まれた家庭環境で典型的な箱入り娘教育を受け、大学を卒業する寸前のところまではよかったんです。縁故でしか4大卒の女性は採ってもらえない時代ですから、大学4年の時に親の決めた某大企業に押し込んでもらいました。内定の知らせは父から聞き、母からは“ここでいい旦那さんを見つけて結婚するのよ”といわれ人生が終わったような気がしたのを覚えています。

私は3人姉妹の真ん中で、独立心が強く、個性的というか変わり者だったんですね。ミッション系女子高時代は落語研究会で“世間亭はばからず”なんて芸名つけて、いつも皆に囲まれて寄席のようなことをしては、笑わせてました。

幼いころから自己表現力にたけ、主張も人一倍。あの時代の女の子としてはありえないわが子の将来を案じた母は、私をなんとか矯正し、時代の定型にはめようと、大変な葛藤をしたんですが、それでも個性は成長とともにさらに強くなってくる。親は大変だったと思います。ところが大学を卒業する寸前に、私は病で倒れ、生死の境をさまよいました。運命の矯正力ってすごいですよね。内定も白紙で、ここからまさに「世間亭はばからず」な人生が展開しました。

1990年初期カナダ人と国際結婚をし、1歳になる愛娘を連れて、カナダに移住しました。公園デビューよろしく、カナダで初のママ友をさがして公園をさまよい歩くんですが、そこはだだっ広い森で、コヨーテがでてきました。これはどうも様子がちがう。この国ではママたちは子供を預けて仕事していたんですね。

郷に入りては郷に従えということで私も仕事をすることを決意し、カナダ国営の電話会社に勤めたわけなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★