1
nextpage
東大生の中でも希少な存在の“東大女子”はどんな女の子たちなの? そもそも東大に入って幸せなの? そんなギモンに答えてもらうべく、現役&卒業生の東大女子に会いに行き、学校生活や恋愛、就職事情を聞いてきました。

前々から不思議に思っていたことがある。それは女の子を持つ親の東大熱の低さだ。名門であることは認めながらも、「そこまで高望みしなくても」という声が多いのである。

そのためだろうか、東大の女子学生の割合は非常に少なく、どの学年も2割以下。たとえば2013年度の東大入学者数は3154人だが、女子学生は594人にすぎない。

東大への熱意が低い理由は、どうやら女子学生に対するイメージにあるらしい。「おしゃれも恋愛もせずに勉強ばかりしていそう」「高学歴が足かせになって、結婚や出産とは縁遠くなりそう」などなど。さらには「東大に行って女性として幸せになれるの?」なんて疑問まで持ち上がる始末だ。果たして、ちまたでの噂は本当なのか? 現役の女子東大生と東大卒のOGを直撃してみることにした。

大学生活は?

大筋由里桂さん/現役医学部3年生
東大を目指したきっかけは、家が近かったこと。医学部に進学するには経済的にも国立大学がよかったこと。

「東大女子がおしゃれに無頓着というのは、誤解です。私の周りは、みんなお化粧をして、洋服にも気を使う。ファッション雑誌だって普通に買いますよ」

先陣を切ってこう反論するのは、現役東大女子の大筋由里桂さんだ。彼女は東大でも最難関の医学部3年生。トップエリートが集まる学部であっても、女子学生はおしゃれに余念がないというのである。かく言う大筋さんも昨年のミス東大コンテストに出場しただけあって、容姿はアイドル級。この日はミニのキュロットをかわいく着こなしていた。

それでもまだ疑うなら、次ページの写真をご覧いただきたい。ここに写る女子大生たちは、全員現役の東大生。東大女子=ダサいというのは、もはや迷信だとおわかりいただけるだろう。

「ただし、みんな根はまじめ。飲み会で年金問題などを議論したり、翌日に試験があるとお酒を控えたり」

受験戦争を勝ち抜いただけに負けず嫌いで、落ち込むことがあってもウジウジ悩まないところが、東大女子の傾向だと大筋さんは言う。

PickUp