よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

「産む」×「働く」

「ユニ・チャームは女性社員に優しい」のウソとホント

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
白河 桃子 しらかわ・とうこ
少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

白河 桃子少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授、経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員。
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏(国立成育医療研究センター少子化危機突破タスクフォース第二期座長)とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。学生向け無料オンライン講座「産むX働くの授業」(http://www.youtube.com/user/goninkatsu)も。著書に『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『婚活症候群』、最新刊『「産む」と「働く」の教科書』など。

執筆記事一覧

少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授 白河桃子
この連載の一覧

年齢・性別関係なし!58歳で部長になることも

先日、「内定中にできちゃった!『子育て後新卒』という選択」(http://president.jp/articles/-/12084)という記事を書きました。「ユニ・チャームは2015年度の新卒採用から、入社前後に出産する予定の女性の内定者が、入社時期を30歳まで先延ばしできる仕組みを始める」(2014年2月28日読売新聞)という記事をFacebookでシェアしたところ、思わぬ反響があったからです。

「内定中に~」の記事は、今もFacebookやツイッターでシェアをされています。仕事を続ける今の女性にとって「産むタイミング」はもっとも悩ましいこと。大学生のアンケートを見ても「早く結婚し早く産みたい」という希望が「バリキャリで一生働きたい」という意欲の高い女子学生ほど高く、5割ぐらいを占めるのです。

ユニ・チャーム グローバル人事総務本部キャリア開発グループシニアマネージャー 清水直人さん

この仕組みを発表したユニ・チャームはどんな会社なのか? 清水直人さん(グローバル人事総務本部キャリア開発グループシニアマネージャー)にお話をうかがってみました。

「これは取り組みの1つなんです。このニュースが出てから、制度として注目されてしまうのですが……。うちは人材重視の企業。少数精鋭でやっています。さまざまな事情があっても、人物重視で取り組みをやってみて、良いアウトプットが出たら初めて制度になります」

報道を受けて、実際に新卒の学生からの問い合わせがあったそうです。大学生で子育てのため休学中だが、復学のめどもたっているという学生さんでした。今の状況だと「自分の道は限られている」と思ったときに、そのニュースを見たそうです。

「うちは子どもがいても全く不利にはなりません。老若男女、性別年齢に関わらず全員が働く。58歳で部長になることもあります。子どもがいる人ももちろん昇格できます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.15
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.15 2016年7月号 女性の給料最新ファイル 友人にも同僚にもなかなか聞けないお金のハナシ、お給料。仕事に対して満足のいく給与ってどのくらい? 私の給与は妥当なの? 稼いだお金をみんなどうしてるの? モヤモヤしていたそんな疑問に、550人調査からお答えします!

今日の花個紋

枝花柘榴

えだはなざくろ
個意ことば
【覚醒】
花名
柘榴

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★