日本製品の半額以下で、同等以上のクオリティ。「中国製ラブドール」が劇的な進化を遂げている。高品質なだけでなく、株式上場で資金を集め、AIを搭載したアンドロイドの開発も進行中。用途もラブドール以外に広がりつつある。なにが起きているのか。中国・大連で創業者を直撃した――。

業界初の株式上場は中国ベンチャー

2017年8月18日、中国のベンチャー市場「新三板」に、「ラブドール」を制作する企業が株式上場を果たした。その名は大連蒂艾斯科技発展股フン有限公司(英語名「EXDOLL」)。業界では初の株式上場という。これまでオリエント工業などの日本メーカーが業界をリードしていたが、中国ではEX社が市場を席巻しつつある。

人気の理由は「低価格で高品質」というまっとうなものだ。EX製品は高級モデルでも1万~2.5万元(約17万~43万円)程度で、日本のオリエント工業の製品(60万円台後半)と比較すればかなり安い。だが、写真をみてもらえばわかるように、その品質は日本製に匹敵するほど高い。ウェブサイトもあか抜けており、ラブドールの製造元とは思えないスタイリッシュなものになっている。

私はEX社の大連本社と工場に突撃して、雑誌『SAPIO』(12月号、小学館)に現地リポートを寄稿した。取材の結果、EX社はただのラブドール企業ではなく、大きな可能性を秘めたハイテク企業であることがわかった。人形の造形技術をベースに、AIを組み込んだ可動性アンドロイドの開発を進めており、すでにベンチャーキャピタルから1000万元(約1億5000万円)規模の資金を調達していたのだ。

このハイテク企業の創業者はどんな人物なのか。現地リポートではじゅうぶんに紹介できなかったので、今回はCEOの楊東岳氏へのインタビューをお届けしたい。楊氏は現在34歳。かつては日本の大学で電子工学を学ぶ中国人留学生だった。なぜラブドールを商材に起業することになったのか。そこには日本が取りこぼしている「成長産業の可能性」が秘められている。

留学中に日本製ラブドールを転売したら人気に

――中国は社会主義の国なので、性には厳しいイメージがあります。しかし計画生育政策のもとで産児制限がおこなわれ、なにより人口が多くて独身者も多いため、実は以前から「性健康」「性保健」の名のもとで成人用品の流通販売が黙認されてきました。ただ、ラブドールは顔の造形に工夫が必要なため、センスの悪い商品が多かった印象です。

【楊】そうですね。中国では(過去の一人っ子政策のもとで親が「産み分け」をおこなったこともあり)国民の男女比は116:100と、かなり不均衡。結果、一生結婚できない男性が3000万人から5000万人もいると言われています。ラブドールの市場は極めて大きく、これは弊社の起業の理由のひとつです。

ご指摘のように従来の中国産の製品の外見は「微妙」なものが多かったため、私どもは差別化のできる美しいものをつくっています。中国は豊かになりましたから、ちょっと値段が張っていても、美しければちゃんと売れるんですよ。

――なるほど。楊さんはもともと、日本の大学に通っていた留学生とのことですが、どういう経緯でラブドールメーカーを起業することになったんですか?

【楊】2000年から日本に留学して、2005年ごろから小遣い稼ぎに「代購」をはじめたんですね。ネットで中国国内にいる中国人から注文をもらって、日本で代わりに商品を買って相手に送るビジネスです。

――近年、「代購」は中国人留学生の小遣い稼ぎの鉄板です。とはいえ、2005年からやっているというのは相当なアーリーアダプターですね。

【楊】ええ、それで2007年くらいからかな。オリエント工業のラブドールがずいぶんよく売れたんですよ。

従業員130人で月400~800体を出荷中

――日本では2000年代後半にラブドールブームが起きています。ラブドールと遊べる性風俗店ができたり、ラブドールファンの専門誌が創刊されたりしました。

【楊】特にオタク系の分野の情報は、中国にもすぐに伝わるんですよ。お客さんへ送るためにオリエント工業のショールームに行ったところ、実物の美しさとかわいさに圧倒されました。自分でも買ってみると、その素晴らしさがよくわかりました。そこで、中国でも作れないかと考え、2009年に大連に戻ってから起業準備をはじめました。

――当時、楊さんは26歳ぐらいですよね。儲かりそうなものを見つけたらすぐに商売にする中国人のスピード感は、あらためてすごいと感じます。

【楊】もともと「代購」のために小さな会社はつくっていたんです。帰国後、2009年から2年ほど研究開発して、2011年に第1号を商業ベースに乗せました。地元の友人知人を誘って会社を大きくして、2013年に業務をラブドールの製造だけにに転換。売れ行きがよかったので、2016年から上場の準備をはじめ、2017年8月に新三板市場に上場しました。

――現在、会社の規模は?

【楊】上場時点の資本金は1036万元(約1億7800万円)。自社工場の面積は3000平方メートルで、従業員数は130人くらい。月に400~800体を出荷しています。売り上げは中国国内向けが5割。日本を含めた海外向けが5割です。

――日本だと、大手のオリエント工業や4woodsでも従業員は数十人程度ですし、企業の規模はもっと小さいようです。

【楊】中国ではもっと大きなビジネスができるんですよ。ラブドールの市場は大きいし、競争相手もほとんどいないブルーオーシャン。そして郊外なら土地も人も簡単に確保できますから。

――中国での客層は?

【楊】高価なものですから、やはりお金を持っている人たちですが、若者や既婚者のお客さんもいます。女性のお客さんも多いんです。(性行為をする)「実用」が目的というより、衣装を着せてコスプレを楽しんだり、写真撮影の被写体に使っていたりするようです。等身大のフィギュアみたいな感じですね。

動いてしゃべれる美少女アンドロイドを開発

――しかし、ラブドールは「作ろう」と思って作れるものなんですか?

【楊】中国にはロウ人形作りの技術の蓄積がありますから、顔の造形はこちらの技術を応用しました。顔にはめちゃくちゃこだわっていて、毎回、新作ごとに試作品を数十個は作ります。僕の理想の美女や美少女じゃないとイヤなので(笑)。

――ボディはどうでしょうか。日本のラブドールは、金属で骨を作って、型に入れてシリコンを流し込んで、鯛焼きのように製造しているようです。しかし、人肌のような質感を出すシリコンの組成や、気泡取り、接合部のバリ修正など、細かい技術が必要になります。

【楊】日本のラブドールメーカー「アルテトキオ」に協力を仰ぎました。指導をしてくださった同社の技術者は、弊社にとっては師匠とも呼ぶべき存在です。現在でもよくご意見をうかがっています。

一方で、骨格は金属加工ですから、中国には膨大なノウハウがあります。弊社の最高級製品と日本のオリエント工業の製品を比較すると、シリコンの質や顔の造形はまだ追いつけていないと思いますが、骨格についてはすでに勝っていると思っています。

――ベンチャーキャピタルから1000万元規模の投資を得たとうかがいました。中国のラブドール市場には大きな成長期待があるということでしょうか。

【楊】それはあると思います。さらに、私にはしゃべって動く美少女のアンドロイドを作りたいという夢があるんです。いま会話ができるAIや、可動するドールの研究開発を進めています。投資の獲得はこの点も評価していただけた結果だと思いますし、そもそも上場したのも、アンドロイドを開発するためにさらに資金を集めたかったからなんです。

いまからラボにご案内しましょう。こちらが、まだリモコン操作ですが上半身を動かせるドールと、表情を動かせるヘッドです。

――(ラボを見て)ちょっと怖いですが、表情がヌルヌル動いてリアルですね。これってセクサロイド(性的用途のアンドロイド)として売り出すんですか?

【楊】いや、最初は一般向けの市場開拓を考えています。日本の街にも、よく新装開店の店舗やネットカフェの看板を持って立っている人がいるじゃないですか。この子たちはまだ歩けませんが、上半身や表情はご覧の通りよく動く。そして、なによりかわいい(笑)。文字通りの「看板娘」として売り出せると思っています。店舗の前に立たせたりするのもいいでしょうね。

同時に開発しているのが、おしゃべりAIを搭載したドールです。「宝貝(バオベイ)、ニイハオ」と話しかけると受け答えをしてくれます。簡単な受付業務や、幼児や高齢者の話し相手にはなると思います。

――(話しかけてから)すごいですね。私の勤務先(多摩大学)にソフトバンクの「ペッパー」があるのですが、感覚としては同じか、それより賢いかもしれません。中国語は日本語よりも言い回しが断定的になるので、指示を明確に出しやすいという側面もありそうですね。

【楊】ペッパーのAIは優秀ですよ。追いつきたいものです。ただ、ペッパーよりもさらに人間的なものを開発するのがコンセプトです。弊社はAI開発の総指揮者として中国ロボット協会副会長の李博陽博士(東北財経大学副教授、35歳)を招聘しました。

【楊】また、うちには3Dプリンターもあるので、女性社員の顔をコピーしたドールもあります。ぜひご覧ください。

――これはちょっと見ただけでは、本物の人間と見分けがつきませんね。

【楊】将来的には、アイドルの全身を3Dコピーして可動機能とAIを登載して、中国全土の会社の「受付嬢」をアイドルだらけにするのが夢です。いつかやってみたいものです。

――夢のある計画ですが、AIは商品化水準までどのくらい開発が進んでいるんですか?

【楊】65%~70%くらいですね。

――日本市場への参入の計画はありますか?

【楊】現時点ではありません。ただ、興味はありますよ。日本の研究機関や企業から連絡が来るならうれしい。私も(AI開発指揮者の)李博士も、日本に留学していましたから日本語はしゃべれますしね。

――今後、「受付嬢アンドロイド」がヒットしたらラブドール製作から撤退するのでは?

【楊】しないと思いますよ。むしろ技術を昇華させて、セクサロイドを作りたいです。

――ありがとうございました。

中国におけるベンチャー投資は7兆円規模

近年、日本では中国のイノベーションやニュー・エコノミーがしばしば話題に上がる。それを支えるのが、活発なベンチャーキャピタルやエンジェル投資家の存在だ。中国におけるベンチャー投資は7兆円規模といわれている。日本は1500億円程度というから、その規模はケタ違いだ。こうした資金獲得に恵まれた環境が、ラブドールベンチャーの株式上場やロボット開発といった、異次元の展開を生む背景となっているようだ。

過去、18世紀には蒸気機関の発明による第一次産業革命でイギリスが台頭。また、20世紀前半の石油や電器動力の活用による第二次産業革命や、20世紀終盤からのIT革命(第三次産業革命)がアメリカの台頭をもたらすなど、技術革新と国家の覇権は密接な関係を持ってきた。

現在、AIやロボティクスは次の産業革命の本命のひとつと見られており、中国は次のイノベーションの勝者になるべく技術革新を続けている。中国国家主席の習近平が、将来の中国の体制を支える「新発展理念」のひとつとしてイノベーションの重視を明言しているのも、そうした理由からだ。

近い将来、大連市郊外の片田舎にあるラブドール企業が、人類の歴史を塗り替える――。ひょっとしたら、そんな未来があるかもしれない。