「老後は不安だけれど、年金や税金のことは会社にお任せ」という人は案外多い。けれど、働いている女性こそ、実は早めに老後資金づくりを始めたほうがオトク。賢い30~40代は、ネット証券を使い、個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)で将来に向けた資産運用を始めている。その理由をSBI証券の2人に聞いた。
(写真左から)
SBI証券 投信・債券部
部長 瀬畑史郎さん 課長 仲岡由麗江さん

節税効果を生かして上手に資産をつくれる

「SBI証券でiDeCoの口座を開設しているのは30代、40代が中心です。もちろん、働く女性もいらっしゃいます」

SBI証券の投信・債券部課長、仲岡由麗江さんはこう話す。

iDeCoとは、基本的に20歳~60歳未満であれば誰もが自由に始められて、掛け金や運用商品も自分で決められる「自分年金」のこと。自分に合った商品を選び、毎月積立投資していけば60歳以降に運用成果に応じた金額を受け取れる。

最大の魅力はiDeCoならではの税制優遇を受けられる点だ。まず掛け金をすべて所得控除にできるから、しっかり稼ぐ女性ほど、所得税や住民税の軽減という恩恵を享受できる。そのうえ運用期間中の収益も非課税で、年金を受け取る際にも税制優遇が受けられる。

「制度改正が行われ、企業年金のある会社員、公務員や主婦なども含めて、原則、現役世代のすべての人がiDeCoを利用できるように対象が広がりました。働く女性にとっては好機です」と仲岡さん。せっかくのチャンスを生かさない手はない。

とはいえ、投資を始めるのはちょっと勇気がいる。そんな人に、同部部長、瀬畑史郎さんはこうアドバイスする。

「投資経験が浅い方は、少額からスタートするのがおすすめです。iDeCoは月額最低5000円で投資可能ですから、自分のペースで始められます。定期預金などの元本確保型商品を多めにしてもいいでしょう。組み合わせを考えるのが面倒という人は、さまざまな商品を組み合わせたバランス型ファンドを使うという手もあります」

5000円といえば、飲み会1回分程度の出費。もしも目減りしても影響が小さく、手元にお金を残しておくこともできる。さらにSBI証券なら、月々の運営管理手数料(SBI証券受取分)がゼロ円でおトク。iDeCoの対象商品も低コストのインデックスファンドから人気のアクティブファンドまで充実したラインナップがそろっている。

「今や、投資信託は100円から購入できる時代。投資は決して、特別なことではないんです。そこで時間や場所の制約が少ないネット証券があれば、働く女性がiDeCoを始めるうえで強い味方になるはずです。これからもわかりやすさや使い勝手にさらに磨きをかけ、より多くの人に身近な場を提供していきます」と瀬畑さん。

一方、仲岡さんはこう話す。

「かつての女性の生活は配偶者の収入頼みで、老後資金づくりはいかにお金を長持ちさせるか、つまり節約が中心でした。でも、これからの働く女性はもっと前向きに、人生を楽しむためのお金を用意しておく時代。60歳を越えても旅行や食事を楽しみたいし、おしゃれもしたい。そんな未来のために、iDeCoを有効なツールとしていただきたいですね」

Q1 私にもiDeCoが使えるって、ホント?
A 基本的に20歳~60歳未満なら、誰でも加入できます。ただし、掛け金の上限はその方の職業や、勤め先に企業型の確定拠出年金があるかなどで異なります。下記を参考にチェックしてみて。

Q2 金融機関を選ぶポイントは?
A iDeCoは預貯金とは違い、どの金融機関で口座開設するかでサービスが変わります。見るべきは、手数料と品ぞろえ、使い勝手。なかでも固定費である「運営管理手数料」は、要チェック(SBI証券は無料)。 また、取扱商品が豊富だと「もう少しお金を増やしたい」などのニーズにも対応できます。
※SBI証券受取分

Q3 まだ30代。始めるのはもう少し先でもいい?
A 税制メリットを最大限受けたいなら「早ければ早いほど有利」です。iDeCoは掛け金がすべて所得控除になるほか、運用期間中の収益も非課税となるため、早く始めたほうが税制メリットが大きくなります。ただし、60歳まで引き出せない点には注意を。

Q4 忙しくて、こまめに管理する自信がありません。
A 一度投資割合などを決めたら、後は半年から1年に1度、資産のバランスを見直す程度で大丈夫。掛け金は自動的に積み立てられるので、うっかり払い忘れの心配もありません。店頭に行かずとも取引できるネット証券をうまく活用して。

Q5 この先、結婚や転職もあり得るかも。今始めて大丈夫?
A iDeCoで積み立てた資金は、転職や退職、再就職しても持ち運べます。ただしiDeCo(個人型確定拠出年金)から企業型確定拠出年金に資金を移す場合は、一度現金化する必要があるため、運用結果次第では一時的にマイナスになる可能性もあります。

女性のためのiDeCo情報サイト
iDeCo online(イデコオンライン)
https://ideco-online.jp/

iDeCoの資料請求はこちら

【個人型確定拠出年金に関するご留意事項】
個人型確定拠出年金において投資する投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。ご投資にあたっては、商品概要や目論見書等をよくお読みください。


株式会社SBI証券 金融商品取引業者
〒106-6019 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー19F
<登録番号>関東財務局長(金商)第44号
<加入協会>日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会