特許取得の着脱システムでストラップのカスタマイズが可能
「タンブール ムーン GMT ブラック」。ケース側面が内側にくぼんだフォルムを特徴とする新コレクション。旅をテーマとするブランドらしく大半のモデルにGMTを搭載する。ストラップ裏に備わるスライダー(写真右下)をずらすだけでストラップの着脱が可能な新システムを備える。ストラップはレザーやキャンバスなどおよそ30種を展開。●SS。ケース径41.5mm。自動巻き。ラバー・ストラップ。59万8000円~〈ルイ・ヴィトン クライアントサービス〉

モダンでシャープな方向に“タンブールワールド”が拡大

旅のスタイルを創ることがルイ・ヴィトンのクリエーションに一貫するテーマである。これまでの「タンブール」が優雅でリラックスした旅のスタイルだとすれば、この時計はより都会的でスタイリッシュな旅を思い描かせる。今年ローンチされた新コレクション「タンブール ムーン」のことである。

遠目にも一瞥でルイ・ヴィトンの腕時計とわかるのが、厚みがあり太鼓モチーフの丸形ケースを携えたタンブールである。高級時計市場に本格参入したのは2002年と後発だったにもかかわらず、グランメゾンの創造力の力量を見せられたというべきか、そのユニークなデザインゆえに短時日でアイコンとなり、いまや高級時計の世界でしかるべきポジションを獲得したといっていい。

側面が外側に膨らんだこのタンブールのケースをアレンジし、逆に内側に反るように湾曲させたのが新作のタンブール ムーンである。そのネーミングはケース側面が三日月のような曲線を描くことから。ストラップがワンタッチで着脱できる新システムが導入され、ストラップはおよそ30種から選択可能。一人一人の旅の時間を演出する仕掛けがいかにもこのブランドらしい。

ストラップはおよそ30種類から自分好みにカスタマイズできる。ラバーやレザーなどの素材、ダミエ・キャンバスやモノグラム・キャンバスなどルイ・ヴィトンならではのパターンも展開する。ストラップは3万8000円~。