大学院で博士号を取得し、教員ポストに就くまでの通過点であるはずの「ポストドクター」。欧米ではキャリアパスの一つだが、日本では身分も収入も不安定だ。この超高学歴女子が貧困に陥る構造を、『高学歴女子の貧困』の著者である水月昭道さんに解説していただいた。

もっとも高学歴であるはずの「博士号取得者」も、貧困にあえいでいるのをご存じだろうか。

博士号取得者が講師や准教授になる前に就く研究職を「ポストドクター」(以下、ポスドク)と呼ぶが、任期付き非正規雇用であるこのポスドクの貧困が問題視されている。

この背景や構造を、2007年に『高学歴ワーキングプア』という本にてまとめ、世に問うたところ、ある女性研究者から「本書は男性目線に偏っている」という批判の手紙を頂いた。

これがきっかけで、その手紙の主――大理奈穂子らとともに、女性目線からの高学歴ワーキングプア問題を掘り下げることになり、14年に『高学歴女子の貧困』としてあらためて出版した。本稿はそれを基に構成される。

なお、同書は、問題の渦中にある女性から、本音を忌憚(きたん)なく語ってもらったこともあり、世のオジサマたちから叩かれまくっている。アカデミアという(男性)社会のなかで、(マイノリティである)女性研究者はどのような境遇に置かれてしまうのかを、以下で明らかにしていこう。