メルマガで「A4・1枚」の資料作りにこだわりがある人の座談会参加を呼び掛けたところ、達人たちが自信作を持って集まってくれました。世の中のトレンドは、「スマートな人ほど『1枚シフト』している」だそうです!

なぜ、A4・A3の1枚なのか?

インパクト絶大なキャッチコピーでお客さまの心をつかむ/不動産会社勤務・吉井亜衣さん作成(用紙サイズ:A4)

【POINT】初めての商談に使う、名刺代わりの一枚
投資用マンションの営業は、毎回が新規顧客開拓。「一度、お話だけでも!」と取りつけた初めてのアポイントの場で活躍するのが、この一枚。「大家さん募集」「安心してください!『 家賃』が入ります!!」といったキャッチーな言葉で興味をかきたて、裏面で商品の魅力を端的に説明。身構えるお客さまの心理的ハードルをぐっと下げてくれる。

【古澤】「大家さん募集」っていう吉井さんの資料は、ファーストコンタクトにすごい威力を発揮しそう!

【吉井】これ、実はあるお客さまからのアドバイスで生まれた一枚なんです。不動産の営業では説明しないといけない項目がたくさんあって、資料も分厚いファイルになっています。あるとき、お客さまに「まず資料をメールで送ってほしい」と言われて、気合を入れてそれを全部パワポで起こしてお送りしたんですけど。

【古澤】おっと……!

【吉井】いきなり膨大な添付ファイルを送りつけられたら、げんなりしちゃいますよね。「読むほうの気持ちになって考えて! A4・1枚にまとめなさい」ってお叱りを受けました。

【古澤】なんていいお客さま!

【吉井】はい。まずはなんとか手探りで作って、本を読んだりしながら自分なりに試行錯誤。今も少しずつブラッシュアップしながら、使っています。

【深田】メリットがわかりやすくまとまっていますよね。光沢紙にプリントすれば、そのままパンフレットとして置かれていてもおかしくないくらい。

【古澤】企画書は簡潔に、不要な情報はそぎ落として作るのがいいと思うんです。会議や商談で決定権を持つ人たち、とくに年配のおじさまは細かい字を読むのが苦手(笑)。文字はなるべく少なく、そして大きく!

【深田】ふふ、それはありますね。長い文章を入れると、ペンをトントンたたいて、イライラしだしちゃったりする。