日本の働く女性から睡眠時間を奪っている家事負担。世界的に見ると、日本の男性の家事時間はワースト2という結果も出ている。なぜ、「妻の家事負担」は減らないのか?(解説してくれる人:明治大学教授 鈴木賢志さん)

男性の家事時間は世界でワースト2

日本の働く女性から睡眠時間を奪っている家事負担の偏りは、データにもはっきり出ています。1日の家事時間は62分と、日本の男性は韓国に次ぐワースト2。

グラフを拡大
【仕事時間は世界でトップ!】グラフは、15~64歳男女の平日・休日を含めた1日の生活時間。デンマークやノルウェーでは男性も仕事時間と同等の時間を家事に費やしているが、日本人男性は6分の1だけ。(出所:OECD「Balancing paid work,unpaid work and leisure」(2014年発表)をもとに編集部作成)

その理由の一つには、「(たとえ働いていても)家事は女性がすべき」とする男性の意識の問題がありますが、もう一つには、男性が家事をしたくてもできない、長時間労働を強いる日本の企業体質もあるように思います。グラフのように、家事時間が少ない一方、仕事時間は世界一を誇っているのです。

しかも、日本の男性は通勤時間も長いことがわかっています。通勤時間の男女差が激しく、男性が遠くまで通って働くのに対し、女性は近場で働いています。似た傾向があるのは韓国やトルコなど、男性優位の国です。

男性の長時間労働を支える女性たち

女性の意識の問題もあるでしょう。

「仕事も家事も完璧にこなす女性が格好いい」と思っていませんか? ヨーロッパの女性と比べ、日本の女性は肩肘張っている感じがします。そして結局のところ、男性の長時間労働を支えてしまっているのではないでしょうか。

育児に費やす時間を見ても、日本の男性は他国に比べてかなり少なく、某子ども番組のタイトルに象徴されるように「子どもは母が見るべき」という暗黙の了解があります。育児休暇を取得する男性もほんのわずかです。

私はスウェーデンにいたときに子どもができたのですが、育休を取るようにという職場のプレッシャーが強く、「おまえは日本人だから取らないのか」と、まるで鬼扱いです。仕方なく3カ月取りました(笑)。日本ではPTAや保護者会は女性ばかりで男性は肩身が狭いですし、夫を参加させた妻も、罪悪感があるようです。そうした性別役割分業意識は減らしていかなければなりません。企業も、女性を対象にワーク・ライフ・バランス支援をしている段階では、まだまだだと思いますね。