気の利いたおつまみと大好きなお酒ですごす夜ほど、楽しいものはない。ワインとチーズ、日本酒と鮭トバ、ハイボールとポテチもいいけれど……、たまには手作り。フードデザイナーのモコメシさんに、遅い夜に罪悪感なく食べられるヘルシーつまみのレシピを教えていただきます。

ゆで鶏と梨とセロリのマリネ

●爽やかなヨーグルト風味。シュワッと弾けるお酒と相性抜群!

材料(2人分)
鶏胸肉……150g/白ワイン……大さじ2/生姜(薄切り)……3枚/セロリ……3分の1本/梨……4分の1個/紫玉ねぎ……6分の1個/ディル……適量
【A】レモン汁……小さじ2/サラダ油(あれば米油)……小さじ2/ヨーグルト……小さじ1/塩……小さじ5分の1/きび砂糖……少々/白胡椒……少々
※料理用温度計を使用。

●作り方
(1)鍋に水と塩(水の重量の1.5%。各分量外)、白ワイン、生姜を入れて沸騰直前まで温める。鶏肉を入れ、弱火で70~75℃を保ちながら15分ゆでる。火を止めて蓋をし、10分余熱を通したら、取り出して冷ます。5mm幅のそぎ切りにする。
(2)セロリは1mm厚さの斜め薄切り、梨は太めのせん切り、紫玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。ディルは葉をちぎる。
(3)ボウルに1、2、混ぜ合わせたAを入れて和える。

【POINT】 鶏肉は沸騰させずにゆでるのでしっとり。ディルの香り、梨の甘さがふんわりと口に残る。
モコメシ

料理好きの母の影響を受け、独学で料理を学ぶ。インテリアデザイン事務所勤務を経て、2010年、フードデザイナーとして独立。コンセプトは「食べるシチュエーションをデザインする」。著書に『大人もサンドイッチ』(グラフィック社)。