よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

男前な職場で奮闘中

地道に努力すれば、社内外の“向かい風”は消える -国内初の女性機長・JALエクスプレス 藤 明里【2】

PRESIDENT WOMAN Online 構成=稲泉 連 撮影=宇佐美雅浩 この連載の一覧

OLとして働き、資金を貯める

JALエクスプレス 藤 明里さん

アメリカではパイロットになるためのプロセスが日本と違って、小型機の免許を取得後にインストラクターとしての経験を積み、次に航空会社に雇用されて50~100人の飛行機を操縦する――とステップアップしていく形です。ただ、私の場合は紆余曲折があって、インストラクターのライセンスを取ろうという頃に貯金が尽き、日本に戻らなければならなくなったんですけどね。

帰国後は家電メーカーの契約社員として働き、ライセンスを続けて取得するための資金を貯めました。新聞社のヘリコプターなどを操縦している女性パイロットに話を聞きに行って、アドバイスを貰ったのもこの時期です。

そんな中、JALの子会社としてJALエクスプレスが創設され、パイロットの募集があることを知ったのは1998年のことでした。

入社試験を受けた日は、「このチャンスを逃すわけにはいかない」と本当に緊張しました。JALグループが航空大学校や自社養成以外の人材にも門戸を広げた初めての採用だったので、コツコツやっている間についに門が開いた、これが日本でのエアラインに就職できる最後のチャンスかもしれない、という思いで申し込んだからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: JAL運輸就職転職資格
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★