よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

働く女性の気になるおカネ

子どもの自転車事故で9500万円の賠償金が必要に!

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
生島 典子 いくしま・のりこ
フリーライター

投資信託の運用会社、出版社勤務を経て独立し、2004年よりライター・編集者として活動。子育て、家計、住まい、働き方などが主な執筆テーマ。好きなことは、出産と住宅ローン。3人の子どもを助産院で出産した経験あり。

執筆記事一覧

フリーライター 生島典子
この連載の一覧

エコで手軽な移動手段だが、思わぬ事故に!

買い物や通勤、塾通いなど、大人から子どもまでエコで手軽な移動手段として日常生活に欠かせない自転車。ところが最近、子どもの自転車事故が問題視されている。自転車といっても、かなりのスピードが出せることと、無灯火、ケータイ操作をしながらの運転、一旦停止をせずに走るなど交通ルールをキチンと守らない場合があり、危険度が増しているのだ。

2008年に神戸市で起こった当時小学校5年生の男の子と歩行者の女性との衝突事故で、2013年7月に出た判決では、少年の母親に約9500万円の賠償金支払いが命じられた。被害を受けた67歳の女性は、今も意識が戻らない状態が続いている。

自転車には、自動車の自賠責保険にあたるものがない

自動車やバイクを運転するときには自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)に加入することが義務付けられていて、「強制保険」とも呼ばれている。このような保険が、自転車の場合は何もない。他人に被害を与え、賠償金を支払う義務が発生すれば、すべて自腹で払わなくてはならないのだ。加害者が子どもの場合の賠償責任は、保護者である親が負うことになる。一般の家庭で、先ほどの事例の9500万円もの賠償金を払うのは困難だ。貯金を崩し、マイホームを売っても払えない。子どもが起こした自転車事故ひとつで、家族が今までどおりに暮らせない事態にもなってしまうのだ。では、どのような対策がとれるのだろうか。

ひとつは、子どもに交通ルールを守って自転車に乗るように指導すること、もうひとつは、自転車事故にも対応する保険に入っておくことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 保険訴訟
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★