2013年11月18日(月)

苦手なあの人との距離を縮めたいと考えるなら、ぜひ、この法則を試してほしい。「出身地のDNA」を読み解けば、コミュニケーション上手になること間違いなし。これで、仕事も出世も恋愛も思いのままだ!

マザコンの大阪男。男は黙って座るのみ

図を拡大
関東vs関西 トイレ事情

座り小便派全国1位は大阪男。大阪は女性が圧倒的に強い土地柄なので、大阪男は結婚すると妻の求めに応じて、座り小便派と化していく。

2位東京は公衆意識が高いため。3位高知は女性が強い地域のため、男性は座り小便を強いられる。しかし、長野と岡山は、ジャージ着用率が高い地域なので、必然的に座り小便となる。最下位の島根は日本一保守的で、日本で唯一“大和撫子”が生き残る地域。「妻は男を立てる」のが当たり前なのだ。

次に、トイレットペーパーの「ダブル」と「シングル」。関東と関西では売れ行きに違いがあるという。関東ではダブルが好まれ、関西ではシングルが好まれるのは、今や業界の常識。経済性を重視する関西人は巻きの長いシングルを選ぶ。

PickUp