あすなろ投資顧問

【株式投資】AI×金融フィンテックアドバイザリーのあすなろ投資顧問(since2005)

あすなろ投資顧問(関東財務局長(金商) 第686号・(一社)日本投資顧問業協会 第011-1393(一社)人工知能学会18801・本社所在地:東京都港区、代表取締役:大石 恭嗣)は、独自のAI銘柄アドバイザー「KATANA3.0」のシーズン弐を始動。マークロゴ・テキストロゴ・特設ページなどクリエイティブを刷新!パフォーマンス公開動画も公開!

≪あすなろ投資顧問開発独自AI「KATANA3.0」

≪NEW!!≫20200901特設ページopen!

【データ提供】

株式会社Quick

【 監 修 】

一目均衡表の大家 長森伸行

【技術ディレクター】

あすなろ投資顧問 SMA藤井勝行

【総合プロデュース】

あすなろ投資顧問 CEO大石やすし

◇予測モデルの概要・注意点◇

テクニカル分析一目均衡表の考え方【出来高は株価に先行する】をベースに≪出来高変化≫からアプローチ。

リアルタイムの出来高変化に注力し時価総額、流動性の観点から分析の対象外としている銘柄もある。

予測にあたり分析モデルのデータとして、東証の時価データを利用。

シーズン壱は上昇トレンドの中で走り抜けた

日経平均株価が堅調に推移する中、あすなろ投資顧問独自AI「KATANA3.0」は優勝銘柄を輩出し続けた。

7パターン86銘柄。公開から7営業日と全期間の総合数値を振り返る。

■パターンA~G総合(公開から7営業日)

高値騰落率累計 819.75%

高値騰落率平均 9.53%

安値騰落率累計 -416.02%

安値騰落率平均 -4.84%

現在騰落率累計 365.52%

現在騰落率平均 4.25%

■パターンA~G総合(全期間)

高値騰落率累計4322.93%

高値騰落率平均50.27%

安値騰落率累計 -812.28%

安値騰落率平均 -9.45%

現在騰落率累計2247.15%

現在騰落率平均26.13%

*[4/9~7/21の日経平均株価推移]

最高値 2020年6月09日 23,185円

最安値 2020年4月22日 18,858円

現在値 2020年7月21日 22,884円

≪シーズン壱パフォーマンス公開≫

シーズン弐はやや高値圏の狭いレンジ相場の中でどう斬り込むか?が見どころ

*[7/1~9/1の日経平均株価推移]

開始時2020年7月01日 22,121円

最高値2020年8月19日 23,110円

最安値2020年7月31日 21,710円

現在値2020年8月28日 22,882円

[備考]

シーズン壱が高安4,327円の値幅だったのに対し、シーズン弐は今の所高安値幅1400円しかない。

この狭いレンジの中でテラ(2191)のようなスター銘柄が輩出できるのか?にご注目頂きたい。

【ケース1】超短期決戦 (公開から7営業日)

■パターン弐A

高値騰落率累計 121.83%

高値騰落率平均 5.80%

安値騰落率累計 -165.21%

安値騰落率平均 -7.87%

現在騰落率累計 -2.08%

現在騰落率平均 -0.10%

■パターン弐B

高値騰落率累計 18.31%

高値騰落率平均 6.10%

安値騰落率累計 -20.38%

安値騰落率平均 -6.79%

現在騰落率累計 -9.29%

現在騰落率平均 -3.10%

■パターン弐C

高値騰落率累計 59.14%

高値騰落率平均 4.93%

安値騰落率累計 -126.03%

安値騰落率平均 -10.50%

現在騰落率累計 -51.82%

現在騰落率平均 -4.32%

■パターン弐D

高値騰落率累計 12.80%

高値騰落率平均 4.27%

安値騰落率累計 -13.36%

安値騰落率平均 -4.45%

現在騰落率累計 -1.45%

現在騰落率平均 -0.48%

■パターン弐E

高値騰落率累計 152.92%

高値騰落率平均 8.50%

安値騰落率累計 -59.86%

安値騰落率平均 -3.33%

現在騰落率累計 -97.20%

現在騰落率平均 -5.40%

(現在騰落率は公開から7営業日後終値にて計算)

-----------------------------------------------

■パターン弐A・弐E ★7総合 (57銘柄)

高値騰落率累計 365.00%

高値騰落率平均 6.40%

安値騰落率累計 -384.84%

安値騰落率平均 -6.75%

現在騰落率累計 -35.46%

現在騰落率平均 -0.62%

(現在騰落率は公開から7営業日後終値にて計算)

【ケース2】短期決戦 (公開から8/28まで)

■パターン弐A

高値騰落率累計 252.48%

高値騰落率平均 12.02%

安値騰落率累計 -213.76%

安値騰落率平均 -10.18%

現在騰落率累計 -10.79%

現在騰落率平均 -0.51%

■パターン弐B

高値騰落率累計 116.38%

高値騰落率平均 38.79%

安値騰落率累計 -20.64%

安値騰落率平均 -6.88%

現在騰落率累計 68.92%

現在騰落率平均 22.97%

■パターン弐C

高値騰落率累計 129.66%

高値騰落率平均 10.81%

安値騰落率累計 -135.22%

安値騰落率平均 -11.27%

現在騰落率累計 -45.68%

現在騰落率平均 -3.81%

■パターン弐D

高値騰落率累計 14.26%

高値騰落率平均 4.75%

安値騰落率累計 -15.54%

安値騰落率平均 -5.18%

現在騰落率累計 -3.68%

現在騰落率平均 -1.23%

■パターン弐E

高値騰落率累計 181.25%

高値騰落率平均 10.07%

安値騰落率累計 -72.70%

安値騰落率平均 -4.04%

現在騰落率累計 26.20%

現在騰落率平均 1.46%

(現在騰落率は公開から7営業日後終値にて計算)

----------------------------------------------

■パターン弐A・弐E ★公開~8/28総合

高値騰落率累計 694.03%

高値騰落率平均 12.18%

安値騰落率累計 -457.86%

安値騰落率平均 -8.03%

現在騰落率累計 -34.97%

現在騰落率平均 -0.61%

(現在騰落率は公開から8/28終値にて計算)

詳しくは動画で

運営法人

2005年3月3日創業の老舗投資顧問

株式会社あすなろ

関東財務局長(金商) 第686号

(一社)日本投資顧問業協会 011-1393

(一社)人工知能学会18801

CEO大石やすし

あすなろ投資顧問の運営最高責任者。株式投資家の投資判断をなめらかにするべく日々無料で個別銘柄情報を配信。銘柄解説においては「アナリストレポートよりも簡単」で「SNS等の書き込みよりも深度と根拠ある品質」の2点に拘り、読み手目線を意識した実効性の高い投資助言業務を追求する。

口癖は「投資家の勝ちこそが、我々の価値」「一人でも多くの億トレを!」

■【所属法人】株式会社あすなろ

関東財務局長(金商) 第686号

(一社) 日本投資顧問業協会 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

■【みんなの株式】達人予想師

■【億の近道】レギュラーライター

関連サイト

■あすなろはてなブログ

https://www.asunaroblog.jp/

■あすなろ投資顧問まとめブログ

https://www.asunarodiary.com/

■あすなろ投資顧問代表大石ブログ

https://ameblo.jp/asunarotoshikomon

■みんかぶ達人の予想

https://minkabu.jp/news/ynews_author/118

■YouTubeチャンネル「あすなろTUBE」

https://www.youtube.com/channel/UCaCRPxbZ8Wtaak2FdIvSGkA

■公式twiiter

https://twitter.com/asunaro_1376

KATANA3.0ヒストリー

◇AI銘柄アドバイザー【KATANA3.0】とは?◇

個別銘柄の専門家集団あすなろ投資顧問にAI銘柄アドバイザー「KATANA3.0」が備わった。東証上場銘柄(約4000銘柄)を全網羅。5つの分析フェーズにリアルタイム株価を送り込み、条件を満たし勝ち残った優勝銘柄をオートセグメント。

買いサイン点灯直後の公開となるため、短期上昇を見込むロンガー専門のAIシステムである。

その起源を辿れば実に15年前。検証を開始した2005年02月に遡る。それは奇しくもあすなろ投資顧問の創業時期と重なった。

かつて1.0時代の姿は≪機関投資家向け≫のポート構築システムだった。対象銘柄数は500。大口の短期売買銘柄を数多く輩出し、その実力を買われ相当数の顧客を獲得した歴史深いAI。

時は経ち2020年2月・・・KATANAは≪3.0≫としてリバイブした!

それはおよそ5年に渡る長い道のりだった。個人投資家の取組にフィットするようフルカスタマイズする為会議と検証をループする日々。途中KATANAにPCが付いていけず度々ブレイク。実力を十分に発揮できるよう専用カスタムPCにKATANAを再設置した。業者との交渉により対象銘柄を8倍に増やしクリア条件もより厳しく設定。ひたすら検証を繰り返した。

KATANAへの信頼度が≪好奇心≫から≪確信≫となったのはコロナショック。超短期で日経平均24000円台から16000円台への急激な大暴落。沈みゆく個別銘柄の中から希少な急騰銘柄をいくつも抽出してみせた。そしてかつてない相場体験を飲み込みその分析の斬れ味は一段と研ぎ澄まされたのであった。

こうして今KATANAは≪1.0≫から≪2.0≫を飛び越え≪3.0≫に進化しあすなろ投資顧問のAIアドバイザーとして降臨。数々の相場を乗り越えた≪経験≫とその≪分析力≫で個別銘柄を研ぎ澄まし、いかなるマーケットにも深く斬り込む事になるだろう。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ