JAGフィールド株式会社

新型コロナウイルスのような予期せぬ事態にも強い業界とは?

JAGフィールド株式会社(本社所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:菊田 太一)は30~50代の有職者男女を対象に、新型コロナウイルスによる異なる業界への転職に関する調査を実施しました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの業界が深刻な打撃を受けました。

給与やボーナスの削減、人員カットなどをせざるを得ない会社もあり、退職を余儀なくされた方もいるでしょう。

そうした背景から、今後の見通しを立てづらくなってしまい、転職を考えている方もいるのではないでしょうか?

中には、今とは異なる業界を志望している方もいるかもしれません。

そこで今回、JAGフィールド株式会社https://www.jag-fld.com/)は、30~50代の有職者男女を対象に、新型コロナウイルスによる異なる業界への転職に関する調査を実施しました。

新型コロナウイルスによってこんな影響が…!?

はじめに、新型コロナウイルスにより、どのような影響を受けた方が多いのでしょうか?

「あなたの会社では新型コロナウイルスによってどのような影響を受けましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『売り上げの減少(38.2』と回答した方が最も多く、次いで『給料やボーナスの減額(29.0』『来客者数の減少(18.2』『休業要請による休業(13.3』と続きました。

新型コロナウイルスは、「コロナショック」と言われているほど経済的にも大きな影響を与えていることが分かります。

売り上げや来客者数の減少のような企業としてのダメージはもちろん、個人の給料やボーナスの減額など個人のダメージも大きいです。

新型コロナウイルスの影響で〇割の方が転職を検討していることが判明!

先程の調査から、新型コロナウイルスが様々な会社に影響をもたらしたことが分かりました。

では、新型コロナウイルスをきっかけに転職を考えるようになった方はいるのでしょうか?

「新型コロナウイルスの感染拡大によって転職を考えるようになりましたか?」と質問したところ、5人に1人以上の方が『はい(22.1%)』と回答しました。

会社の業績悪化や、給料・ボーナスの減額などから、今の企業や業界の将来を不安に感じ、転職を考えるようになったのかもしれません。

では、異なる業界への転職を検討しているでしょうか?

「現在の職業とは異なる業界への転職を検討していますか?」と質問したところ、こちらも5人に1人以上の方が『はい(22.8』と回答しました。

なぜ異なる業界に転職をしたいのか、具体的な理由について伺っていきましょう。

■今となる業界に転職したい理由が明らかに!

・「非常時でも需要がありそうだから」(40代/男性/大阪府)

・「現業界には将来性がないかもしれないと感じ始めたから」(40代/男性/東京都)

・「安定した企業で技術を求められる企業に就職した方が倒産の心配がないから」(40代/女性/東京都)

・「給与が急激に減少し、生活が非常にくるしくなったため」(40代/男性/神奈川県)

・「世の中に左右されたくない」(50代/男性/神奈川県)

などの回答が寄せられました。

新型コロナウイルスの影響で、今回のような予期せぬ事態にも耐えられ、なおかつ需要がある業界に転職を検討しているようです。

転職で業界を考える際は、将来性や安定性、やりたいことができるかなどのポイントを踏まえるのが良いかもしれません。

【あなたはどこを見て決める?】転職するときに重視するポイントとは?

新型コロナウイルスをきっかけに転職を検討する方がいると分かりました。

では、同業界と異なる業界での転職において、重視するポイントに違いはあるのでしょうか?

「同じ業界に転職する場合の重視するポイントを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『給料や待遇(64.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『仕事内容(43.8%)』『勤務地(43.4%)』『オフィス環境(16.6%)』『キャリア形成(15.8%)』と続きました。

続いて、異なる業界に転職する場合はどうなのでしょうか?

「異なる業界に転職する場合の重視するポイントを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『給料や待遇(60.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『仕事内容(46.6%)』『勤務地(41.2%)』『オフィス環境(15.6%)』『業界の需要(14.9%)』と続きました。

転職する場合に重視する点は、同業界と異なる業界のどちらにおいても、ほとんど変わらないようです。

給料や待遇、仕事内容、業界の需要など転職をする際は、重視したいポイントが多くありますよね。

5年、10年後も需要がある業界を見極め、自分のやりたいことができ、給料面も満足いくような転職を成功させましょう。

5年後・10年後も価値が高い業界と言われる理由とは!

先程の調査で、転職する際に重視するポイントが明らかになりました。

重視するポイントを抑えて、将来需要があり続ける業界を選びたいですよね?

では、みなさんが思う5年後10年後も需要がある業界はどこなのでしょうか?

■〇〇業界に今後も需要があると思う理由とは?

・「建設業:人手不足の業界だが、インフラ維持に欠かせないから」(30代/男性/新潟県)

・「情報・通信業:情報化社会でますますニーズが高まると思うから」(50代/男性/佐賀県)

・「水産・農林業:今後第一次産業の重要度が増すと思われる」(50代/男性/兵庫県)

・「金融・保険業:将来を考えて、保険を掛ける人が増えそうだから」(50代/男性/大阪府)

・「サービス業:今はないサービスが将来、生み出されそうだから」(50代/男性/神奈川県)

などの回答が寄せられました。

将来を考えた時に、情報化が進んだり、インフラ整備が必要であったりと、国民が生活していく上で無くては困るような業界の需要があると感じているようです。

業界の入れ替わりが激しい時代だからこそ、5年後10年後も需要がある業界がどこなのかを考えてみてはいかがでしょうか?

予期せぬ事態を想定して需要があり続ける業界を選びましょう!

今回の調査の結果、新型コロナウイルスにより、様々な企業で売り上げの減少や、給料・ボーナスの減額のような影響を受けていると判明しました。

そうした背景から、5人に1人の割合で転職を考えているようです。

5年後、10年後も価値のある業界に転職することは、自分のキャリアを形成していく上で、重要なのではないでしょうか?

将来を考え、自分がやりたいことや仕事内容と照らし合わせ、今とは異なる業界に転職をするのも1つの手ですよね。

今の仕事に不安を感じている方は、どのような業界がこの先も発展していくのかを考え、職業を選択してみるのはいかがでしょうか?

今後も需要がある業界への転職ならJAGフィールド株式会社がおすすめ!

「5年後も10年後も価値ある業界で働きたい」

そんな方におすすめなのが、JAGフィールド株式会社https://www.jag-fld.com/)です。

JAGフィールド株式会社は施工管理、施工図、BIM設計、CAD設計、ビル設備管理など建設業界に特化したエンジニアリング会社です。

現場監督技術研修、CAD講習、建築士や施工管理技士の講師陣による研修など…社員研修を自社で行っています。

そのため多様なスキルを身につけ、業界未経験の方も、充実した教育制度があるので、将来を担う技術者に成長できます。

徹底した「現場主義」を貫き、働きやすい健全な環境作りと確かな安定性を創造することで技術者を雇用し、多くの企業様と安定的な取引を実現しています。

日本アジアグループならではのネットワークと、専門性に特化した求人サイトを自社で運営することで、求職者と企業様の高いマッチング率と迅速な対応をしております。

雇用形態の多様化・流動化等、大きく変化し続ける労働者市場の中で、十分なヒアリングを行うことで、お客様のニーズを分析し、常に最適なご提案をさせていただきます。

「社会で活躍したい!」

「キャリアアップしていきたい!」

そんな夢をJAGフィールドでは実現可能です。

5年後も10年後も価値ある業界で働きたいと思う方は、ぜひ一度JAGフィールド株式会社までお問い合わせください。

■JAGフィールド株式会社 : https://www.jag-fld.com/

■TEL : 0120-314-881

■お問い合わせ : https://www.jag-fld.com/contact/

【運営サイト】

■建築求人.jp:https://www.kenchiku-kyujin.jp/

■CAD求人.com:https://www.cad-kyujin.com/

■BIM求人.com:https://bim-kyujin.com/

■ビル管理求人.com:https://bm-kyujin.com/

■プラント求人.com:https://www.plant-kyujin.com/

■エンジニア求人.com:https://www.engineer-kyujin.com/

■建築求人NAVI:https://kensetsukyujin-navi.com/

■九州求人.com:https://kyujin-kyushu.com/

調査概要:新型コロナウイルスによる異なる業界への転職に関する調査

【調査日】2020年7月17日(金)

【調査方法】インターネット調査

【調査人数】1,126人

【調査対象】30~50代の有職者男女

【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ