プレジデントオンライン > 

著者一覧 > 

Jesper Koll(イェスパー・コール)

著者
プロフィール

Jesper Koll(イェスパー・コール)

1961年ドイツ生まれ。80年、レスター・B・ピアソン・カレッジ・オブ・ザ・パシフィック卒。86年ジョン・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院にて国際経済学修士を取得。京都大学経済研究所研究員、東京大学教養学部社会科学研究室研究員を経て、89年、S.G.ウォルバーグ証券会社日本経済担当チーフ・エコノミストに就任。J.Pモルガン(東京)調査部長、タイガー・マネジメントL.L.C日本駐在事務所マネージングディレクター、メリルリンチのチーフジャパンアナリスト、J.P.モルガン株式調査部長などを歴任。2015年、世界で運用資産残高630億ドルを超えるウィズダムツリー・ジャパン最高経営責任者(CEO)に抜擢される。一貫して日本経済の調査に携わっており、通産省の産業金融小委員会を始め、財務省の関税・外国為替等審議会外国為替等分科会の専門委員など、各種政府諮問委員会のメンバーとしても活躍。著書に『日本経済これから黄金期へ』『平成デフレの終焉』など。

PR

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2018年10月29日号 人生が変わる「面接」のスゴ技