プレジデントオンライン > 

著者一覧 > 

角田 光代(かくた・みつよ)

著者
プロフィール

角田 光代(かくた・みつよ)

角田 光代

作家 1967年、神奈川県生まれ。90年『幸福な遊戯』で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年『ロック母』で川端康成文学賞、07年『8日目の蝉』で中央公論文芸賞を受賞するなど受賞歴多数。肉食偏愛の旅好きとしてもつとに有名で、食や旅にまつわるエッセイも多数執筆している。近著に家族の意味を問いかける長編『ひそやかな花園』、イラストレーターの松尾たいことコラボレートした連作短編小説『なくしたものたちの国』。

PR

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2018年11月12日号 金持ち老後、ビンボー老後