プレジデントオンライン > 

著者一覧 > 

柳家 小三治(やなぎや・こさんじ)

著者
プロフィール

柳家 小三治(やなぎや・こさんじ)

柳家 小三治

噺家 1939年、東京都新宿区生まれ。落語協会顧問。本名は郡山剛藏。都立青山高校を卒業後、19歳で5代目柳家小さんに入門、前座名「小たけ」。63年に二ツ目に昇進し、「さん治」に改名。69年、異例のスピードで真打ちに昇進、10代目柳家小三治を襲名する。古典落語の名人として高い評価を得る一方、落語の導入である「まくら」が長いことでもつとに有名。2014年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。バイクやスキー、俳句など、趣味も多彩で本格的。

PR

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2019年2月4日号 2019年「時間革命」