プレジデントオンライン > 

著者一覧 > 

堤 幸彦(つつみ・ゆきひこ)

著者
プロフィール

堤 幸彦(つつみ・ゆきひこ)

堤 幸彦

映画監督、演出家 1955年、愛知県生まれ。法政大学中退、東放学園専門学校放送芸術科卒。テレビディレクターを経て、88年に故・森田芳光プロデュースのオムニバス映画「バカヤロー! 私、怒ってます」内「英語が何だ」で映画監督デビュー。91年にはオノ・ヨーコ主演の「ホームレス」をニューヨークで撮影している。95年に手がけたテレビドラマ「金田一少年の事件簿」が、その斬新な演出で大きな話題となり、以後「ケイゾク」「トリック」「SPEC」と大ヒットドラマを連発する。主な映画監督作品に「さよならニッポン! GOODBYE JAPAN」(95)、「トリック劇場版」(02)、「明日の記憶」(06)、「自虐の詩」(07)、「20世紀少年」3部作(08~09)、「BECK」(10)、「はやぶさ/HAYABUSA」(11)、「劇場版 SPEC~天~」(12)など。

PR

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2018年11月12日号 金持ち老後、ビンボー老後