プレジデントオンライン > 

著者一覧 > 

内館 牧子(うちだて・まきこ)

著者
プロフィール

内館 牧子(うちだて・まきこ)

内館 牧子

脚本家 1948年、秋田県生まれ。武蔵野美術大学卒業後、三菱重工業に入社。13年半の会社員生活を経て87年に脚本家デビュー。主な作品に、ドラマ『都合のいい女』(フジテレビ)、『ひらり』『私の青空』(NHK朝の連続テレビ小説)、『毛利元就』(NHK大河ドラマ)、『週末婚』(TBS)などがある。大の格闘技ファン、特に好角家で知られ、2000年に女性初の日本相撲協会横綱審議委員会審議委員をつとめ、2010年1月に退任。2006年には、東北大学大学院文学研究科で、論文「大相撲の宗教学的考察―土俵という聖域」で修士号を取得。

PR

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2018年11月12日号 金持ち老後、ビンボー老後