村田 沙耶香(むらた・さやか)

村田 沙耶香
小説家
1979年千葉県生まれ。玉川大学文学部卒業。2003年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)を受賞。2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、2016年「コンビニ人間」で芥川賞を受賞。『消滅世界』『地球星人』など著書多数。最新刊は書き下ろしの中編『変半身(かわりみ)』(筑摩書房)。
  • facebook
  • twitter
  • hatena