「仲良くやってくれ」は、意味なし
弁護士が教える、問題社員を注意するコツ
2018.9.27
弁護士が教える、問題社員を注意するコツ

会社のムードが悪くなる理由には、いくつかある。1つは業績の低迷だ。もう1つは、問題社員の存在だろう。協調性がない、被害者意識が強い、なおかつプライドが高いなど、非常に扱いづらく、周囲に緊張感を与えてしまう。それが力を持った社員だと、社内分裂を引き起こすこともある。触れたく…

続きを読む
ホームページが格好よくても無意味
"社員のファッションが微妙"は大きな損害
2017.12.18

企業サイトを洗練させると、学生の企業訪問が増える。ただ、社長や社員の服装がビミョウだったり、オフィスが古臭かったりすると、学生のテンションは一気に下がってしまうという。今や、「就業中はスーツ着用が義務」の会社も敬遠されがち。学生は、服装やインテリアから何を感じ取るのか。…

続きを読む
採用の武器は自社に埋もれている!
小さくても優秀な社員が集まる会社の秘密
2017.10.26
小さくても優秀な社員が集まる会社の秘密

実に悩ましい人手不足問題。高齢者や外国人を視野に入れたり、就業時間を弾力的にしたりと採用ルールを整えることが肝要です。しかし、「社内体制の整備だけでは、求める人材は集まらない」と当ブログのアドバイザーでマーケティングコンサルタントの酒井光雄氏が指摘します。(全2回、後編…

続きを読む
社長の動き次第で変革の大チャンス
人手不足の会社が“最初に"考えるべき…
2017.10.25
人手不足の会社が“最初に

世界でも類を見ない勢いでの人口減少に見舞われている日本。少子高齢化を背景とした生産年齢人口(15歳以上65歳未満)の減少から、構造的な働き手の不足が続いています。大々的な採用活動ができない中・小規模の企業は、一層立場に置かれるでしょう。ただ、打開策がないわけではありません。…

続きを読む