『不妊男子』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
『不妊男子』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
「今日、俺は、精子がない」

 

愛する妻、可愛い猫、仕事は出世街道を快走中! そんな順風満帆な日々を送るマサカズだったが、ある日、妻・百恵ももえが密かに抱える妊娠についての切実な悩みを知る。そして夫婦はままならない“現実”に全力で抗う――“壮絶な希望”に翻弄されながら。

 

様々な価値観が交錯するこの社会において、「男性不妊」という現実に、当事者が、妻が、同僚が、友人が必死で向き合って生きる姿を描く衝撃作。

『不妊男子』第4話をお届けする。

>>『不妊男子』単行本

『不妊男子』c玄黄武/小学館
『不妊男子』c玄黄武/小学館
『不妊男子』c玄黄武/小学館
©玄黄武/小学館