『しっぽの声』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
『しっぽの声』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

「かわいい」がペットたちを壊していく――

繁殖業者、生体展示販売、引き取り屋、殺処分…………

ペット流通において、その命はどのように扱われているのか。

人間に飼われるために生まれたペットたちは、我々の想像を超える状況に置かれている。

声なき声に、力を与えるも殺すも人間。

動物保護シェルター所長を務める天原士狼と獣医師・獅子神太一は、ペット業界の闇に、そして人間のエゴに厳然と立ち向かう――

今回は、『しっぽの声』の第5巻、第34話をお届けする。

>>『しっぽの声』単行本
『しっぽの声』c夏緑・ちくやまきよし/小学館
『しっぽの声』c夏緑・ちくやまきよし/小学館
『しっぽの声』c夏緑・ちくやまきよし/小学館
『しっぽの声』c夏緑・ちくやまきよし/小学館
『しっぽの声』c夏緑・ちくやまきよし/小学館
『しっぽの声』c夏緑・ちくやまきよし/小学館
©夏緑・ちくやまきよし/小学館