『颯汰の国』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
『颯汰の国』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
江戸時代初期。徳川の世に進みゆく時代に、敢然と幕府に挑む者がいた。これは、誰も知らない勇者の物語。
いわれのない理由で「改易」という憂き目に遭いながらも、民衆のために同志と共に幕府に立ち向かい、独立国家ともいえる領地を勝ち取ろうとした男がいた。
物心ついたときに両親は亡く、寺で育てられた佐々木颯汰(そうた)は、剣の腕が立つ青年へと成長する。
家康の落とし子という出生の秘密を抱える颯汰は、徳川幕府にどう立ち向かうのか!?
あずみ』『お~い!竜馬』の小山ゆうが描く、歴史スペクタクル活劇の第2巻 第1話をお届けする。
>>『颯汰の国』単行本
『颯汰の国』c小山ゆう/小学館
『颯汰の国』c小山ゆう/小学館
『颯汰の国』c小山ゆう/小学館
『颯汰の国』c小山ゆう/小学館
『颯汰の国』c小山ゆう/小学館
『颯汰の国』c小山ゆう/小学館
『颯汰の国』c小山ゆう/小学館
©小山ゆう/小学館